恋愛上手にしてくれた「失恋で学んだルール」9パターン


失恋の経験は、なにもマイナスなだけではありません。前の恋がうまくいかなかったからこそ、恋愛の極意や女心を学べるというものです。そこで『スゴレン』男性読者の調査を元に、「恋愛上手にしてくれた『失恋で学んだルール』9パターン」を紹介します。

  • 【1】恋愛初期ほど遠慮せずにガンガン連絡する

    「前の恋は、遠慮しているうちにフェードアウト…。今の彼女には最初から電話しまくりました」(10代男性)と、最初にどれだけふたりの距離を縮められるかで、その後の付き合い方が変わるようです。女性は一般的にマメな男性を好むので、遠慮なく電話しましょう。

  • 【2】「言わなくてもわかるだろ?」と考えず、思いは言葉にして伝える

    「言葉にしないと女性は不安になるんだと知った」(20代男性)というように、「好き」という言葉を伝えなかったために、女性の心が離れていった男性もいるようです。付き合いが長いほど、ことあるごとに気持ちを伝えたほうがいいかもしれません。

  • 【3】どんなに好きでも、束縛しない

    「息苦しくなったのかも…」(10代男性)と、束縛が強くて恋人に逃げられた男性もいます。「友達と出かけるのはダメ」など、極度の束縛は女性を信頼していないと思われます。女性と会えなくても、自分だけの時間を楽しむ趣味などを見つけるといいかもしれません。

  • 【4】ケンカをしたら、お互い納得できるまでとことん話し合う

    「不満はその場で解消しないと、いつか爆発して取り返しがつかなくなる」(20代男性)というように、不満をためないことが、恋愛関係を続ける秘訣のようです。たとえ小さなケンカでも、「これくらい我慢するか」と面倒くさがらず、お互い言いたいことを言いましょう。

  • 【5】どんなに付き合いが長くても、思いやりを忘れない

    「『大事にされてない』というのが元カノに別れを告げられた理由」(30代男性)というように、相手への気遣いがなくなると、女性の心は冷めるようです。疲れていても相手の話をキチンと聞くなどの思いやりを忘れないようにしましょう。

  • 【6】ささいなことでも「ありがとう」や「ごめんなさい」は必ず言う

    「当たり前の言葉が言えてなかった」(20代男性)というように、「親しき仲にも礼儀あり」を怠ったため恋が続かなかった男性もいるようです。男性が「やってもらって当たり前」と甘えていると、女性は内心「感謝くらいしてよ…」と不満いっぱいかもしれません。

  • 【7】「元カレ」の話を聞かない、「元カノ」の話をしない

    「聞いてもいい方向には作用しないので、今の彼女には聞いてない」(20代男性)というように、昔の恋人の話は、焼かなくてもいい焼きもちの原因になるなど、恋愛に悪影響を与えるようです。よけいなトラブルを避けるため、過去の詮索はやめたほうがいいでしょう。

  • 【8】「女は浮気しない」という思い込みを捨てる

    「放っておいたら浮気された。今の彼女は、忙しくても会う時間を作ってます」(20代男性)など、「女性は浮気しない」との油断から、彼女をないがしろにして失敗した男性もいます。会えない男性より会える男性になびく女性もいることを肝に銘じておきましょう。

  • 【9】自分の好みを押し付けない

    「彼女の服や髪型に口を出していたら『そういう子と付き合えば?』って(涙)」(20代男性)というように、自分の好みを押し付ける行為は、女性の自尊心を傷つけるようです。「ほかの男に見せたくないからミニはやめて」など、女性が納得できる理由以外、彼女のセンスを尊重しましょう。

ほかにどんな「恋愛上手にしてくれた『失恋で学んだルール』」があるでしょうか。みなさんの意見をお待ちしています。(徳永幸子)
Photo:All images by iStock