今思うと「振られて当然」だと思う告白の方法9パターン


「失敗は成功のもと」と言いますが、できれば告白で失敗はしたくないもの。そこで「人の失敗は成功のもと」にするべく、『スゴレン』男性読者に聞いた「今思うと『振られて当然』だと思う告白の方法9パターン」の例から、告白成功のヒントをもらいましょう。

  • 【1】直接言わなかったために、気持ちが伝わらなかった「メールで告白」

    「直接会って言わないと思いは伝わらない」(20代男性)というように、メールに気持ちを込めたつもりでも、女性側は無味乾燥に感じるようです。また「直接言えないいくじなし」という印象を与えるのも失敗の原因のようです。

  • 【2】ほとんど話したことがない段階での「早すぎる告白」

    「『よく知らないのになんで?』って戸惑われた」(20代男性)と、相手が唖然としてしまうパターンです。一般的に女性のほうが男性より、内面を重視する傾向にあります。よく知らない間柄での告白は、男性の外見が女性にとって好みだったとき以外は成功率が低そうです。

  • 【3】シラフでは話せなくて「酒の力を借りて告白」

    「酒の力を借りたら、全然本気にされなかった…」(30代男性)と、酔った上での言葉は、女性に信用されない場合があるようです。大人の食事デートにお酒はつきものですが、告白する日は飲まずにあなたの真剣な姿勢をアピールしたほうがよさそうです。

  • 【4】思いが強すぎて相手が引いてしまった「重い告白」

    「一生懸命すぎて引かれた」(30代男性)というように、相手との温度差を計り間違えて押しすぎると、女性には「熱い思い」というより「暑苦しい人」と思われかねません。女性との親密度が低いうちは、情熱的なアプローチは我慢したほうがよさそうです。

  • 【5】「好き」のあと「付き合って」が言えずに「うやむやに終わった告白」

    「相手からも『好きです』と言われたのに、付き合ってほしいのかどうか微妙な空気のままだった」(10代男性)と、「付き合おう」の言葉がないと関係がハッキリせず、不安を抱えたまま過ごすことになるようです。恥ずかしくても「付き合って」はしっかりと伝えたほうがいいでしょう。

  • 【6】テンパリすぎて「ヘラヘラ笑ってしまった告白」

    「誠意が伝わらなかったし、何よりカッコ悪い…」(10代男性)と、女性にさえない印象を与えて失敗してしまう例です。たとえ真剣でも、ヘラヘラしている男性は、軽く見えてしまうものです。一度深呼吸するなど気持ちを落ち着かせてから臨みましょう。

  • 【7】相手もリアクションに困ってしまった「回りくどい告白」

    「『俺の好きなタイプじゃないのに、なんかいいなーって思う』と言って、相手に『は?』って顔をされた」(20代男性)というように、何を言いたいかわからない話には相手も答えようがありません。直球で告白するほうが「男らしい」と女性に好印象でしょう。

  • 【8】「話がある」と言われ、舞い上がって先に告白したら「自分の勘違いだった告白」

    「『男から言うべき』と自分から先に告白したら、相手の話は『彼氏ができた』だった」(10代男性)など、話の流れを読めずに突っ走って自滅してしまうケースです。女性に「話がある」と言われて会いに行っても、まずは落ち着いて相手の話を聞きましょう。

  • 【9】タイミングを逃して「友達にしか思えない」と振られた「先延ばしにしすぎた告白」

    「友達付き合いが長すぎて恋愛対象に見てもらえなくなった」(20代男性)と、完全にタイミングを逃したパターンです。自分をよく知ってもらうことは大切ですが、知り過ぎてしまうとその人への興味は薄れるもの。ある程度仲良くなったら、先延ばしにせず告白したほうがよさそうです。

ほかにはどんな「今思うと『振られて当然』だと思う告白の方法」があるでしょうか。みなさんの意見をお待ちしています。(徳永幸子)
Photo:All images by iStock