「大人になってよ…」と女性から呆れられる行動9パターン


男性の少年っぽい行動はときに女性をキュンとさせますが、子どもっぽいのとはまた別の話。大人らしくない行動が続くと、呆れられてしまいます。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「『大人になってよ…』と女性から呆れられる行動」をご紹介します。

  • 【1】徹夜するほどゲームに熱中する。

    「夏休みの子どもか! いい大人なんだから…」(20代女性)と、親のような気持ちになって呆れる女性もいるようです。ゲームはただでさえ子どもっぽいと思われがちなアイテムです。デートの前日などは、彼女のことも考えてゲームに熱中しすぎないようにしましょう。

  • 【2】社会人なのに貯金がほとんどない。

    「どうしてそんなに計画性がないわけ?」(20代女性)と、あまりに貯金がない男性に対してうんざりする女性もいるようです。お金がすべてではありませんが、蓄える術もないと将来性がないと思われてしまいます。少しずつでも貯金をする努力をしましょう。

  • 【3】アニメのフィギュアなどに大金を使う。

    「またそんなオモチャにお金を使って…」(20代女性)など、実用性のないものに大金をつぎ込むと女性に呆れられてしまう可能性があります。特に趣味のものに関しては、判断の分かれる部分です。「年に○万円まで」など自分で限度を決めると、呆れられずにすむかもしれません。

  • 【4】お腹が空くとイライラする。

    「まるで子ども! それくらい我慢して」(20代女性)など、お腹が空いたくらいで機嫌を悪くしていると、女性は幼稚園児くらいの小さな子どもの姿と重ね合わせてうんざりするようです。自覚のある人は、チョコやガムなどすぐ口に入れられる軽食を携帯してイライラを防止しましょう。

  • 【5】中高時代の武勇伝を昨日のことのように語る。

    「いつまで昔に浸ってるつもりなの?」(20代女性)など、あまりに古い自慢話を持ち出すと、げんなりする女性もいるようです。自慢話は、ただでさえあまり印象がよくありません。昔話をするなら、せめて笑える失敗談にしましょう。

  • 【6】口喧嘩で負けそうになると泣く。

    「そんなくだらないことで泣くなんて、どうかしてると思う」(20代女性)など、男性の大人げない悔し泣きは女性ウケが悪いようです。泣くことで状況を打破しようとする安直な考えに呆れるのでしょう。状況を見て自分から謝るくらいの余裕のある態度を心がけましょう。

  • 【7】飲むたびに子どもみたいな下ネタを言う。

    「酔って羽目を外し過ぎるなんて格好悪い!」(20代女性)など、下品な酔い方は女性にかなり悪い印象を与えてしまいそうです。しらふのときの品性まで疑われてしまうので、お酒が弱い人は特に飲み方に注意しましょう。

  • 【8】親に対していまだに反抗的な態度をとる。

    「そういうのは若いうちに卒業するものでしょ」(20代女性)と、大人になりきれない男性の態度にガッカリする女性もいるようです。女性から、「もしかして将来家族になったら、私の家族にも優しくしてくれるかも」と好意的な目で見てもらえるよう、親への反抗的な態度を改め、感謝の気持ちを素直に表しましょう。

  • 【9】店員の態度にすぐにキレる。

    「ちょっとしたことでキレる短気な男とは一緒にいたくない」(20代女性)と、バッサリ斬る女性もいます。女性が大人の男性に求めるのは、モラルと寛容な態度だと考えられます。少しくらい腹の立つことがあっても怒ったりせず、どうしても目に余るようなら論理的に注意してあげると「頼りがいがある」と感じてもらえるでしょう。

ほかにも「こんな行動で子どもっぽいと呆れられた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock