初デートで、女の子が「しっかりリードしてよ!」とイライラする瞬間9パターン


デート中、男性に積極的にリードしてもらいたいと望む女の子は少なくありません。男性は無意識に消極的な姿勢が出ないよう、注意したいところです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考にした、「初デートで、女の子が『しっかりリードしてよ!』とイライラする瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】次の行き先をなかなか決めてくれないとき

    「好みはあるけど、いくつか候補を提示してほしい」(20代女性)など、ノープランでいることにガッカリする女の子もいるようです。デート前にデートコース周辺についてリサーチし、行き先の選択肢をいくつか用意しておきましょう。

  • 【2】行き先や食事のメニューなどをすべて疑問形で聞いてくるとき

    「『自分の意思はないのか!』と思ってうんざりする」(10代女性)など、消極的な姿勢にイライラする女の子もいるようです。相手に意見を求めるのであれば、「俺は海に行きたい! ◯◯ちゃんはどう?」など、先に自分の意思をハッキリと示したほうがいいでしょう。

  • 【3】盛り上がりそうな話題を振ってくれず、会話が進まないとき

    「自分ばかりしゃべってると虚しくなる」(10代女性)など、一方的な会話にげんなりする女の子もいるようです。盛り上がれる話題がないときは、相手の容姿を褒めたりするなど、女の子が自分のことを話したくなるよう話題を振ってあげましょう。

  • 【4】女の子の後ろを歩こうとするとき

    「なぜこんなことしてるのか、ちょっと意味不明です」(30代女性)など、男らしさの欠如に呆れる女の子もいるようです。デート中は女の子の横に並んで堂々としているほうが、相手に安心感を与えられるでしょう。

  • 【5】映画デートにもかかわらず、時間を調べてこないとき

    「『言い出しっぺがリードしないのはどうなの?』って感じ」(20代女性)など、責任感のなさにガッカリする女の子もいるようです。自分が提案したデートプランに関しては、スケジュールなども事前にチェックし、いつでもリードできる状態にしておきましょう。

  • 【6】食事の会計の際、「割り勘でいい?」など、支払い方法を確認してくるとき

    「そんなことは聞くな!」(20代女性)など、お金のことを確認されることに幻滅する女の子もいるようです。女の子からの提案がない限り、男性が支払いの配分を決めて、「じゃあ、◯◯ちゃんは2000円で!」などと提示すると女の子に負担を与えずにすむでしょう。

  • 【7】突然、雨が降ってきたときに、うろたえて何もしないとき

    「ピンチに弱い男って…」(20代女性)など、突発的なアクシデントに対応できないことに、イライラする女の子もいるようです。デート中に雨が降ったら、自分が濡れてでも傘を買いに行くなど、男らしい行動を心がけましょう。

  • 【8】帰るタイミングをなかなか決めてくれないとき

    「夜になって、これからどうするんだか分からない微妙な時間が苦手」(20代女性)など、デートの終わり方をきちんと示さないことにイライラする女の子もいるようです。「あと30分だけ、あそこのカフェで話そう」など、具体的な時間を提示すると女の子も安心できるでしょう。

  • 【9】別れ際に「また会おうよ」と次のデートの約束をしてこないとき

    「次のデートの約束は男性からしてほしい」(30代女性)など、関係を発展させようという積極性のなさにイライラする女の子もいるようです。デート中、女の子に行ってみたいデートスポットを聞いておけば、帰りに「次はあそこに行こうよ!」などとデートの約束をしやすくなるでしょう。

このほかに女の子から「しっかりリードしてよ!」と思われた経験はありますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock