男性からのLINE・メールに「もしかして私に気がある!?」と感じた瞬間9パターン


気になった女性には、LINE・メールでも自分の気持ちをさりげなく伝えたいものです。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者に行ったアンケートを参考に、「男性からのLINE・メールに『もしかして私に気がある!?』と感じた瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「俺でよかったら話聞くよー」と親身になってくれたとき

    「自分を気にかけてくれているとわかる」(10代女性)というように、「聞く姿勢」を見せられて心を許す女性は多いようです。「聞いてくれる相手」に居心地のよさを覚え、ときには好意に転じる可能性もあるので、気になる女性に悩みがある様子なら、「どうしたの?」と聞いてみるといいでしょう。

  • 【2】「また近々メールしていい?」と聞いてきたとき

    「自分とメールをしたがってるんだなーと感じる」(10代女性)というように、女性の都合を聞きながらも、メールがしたいとアピールされると思わずキュンとするようです。しばらく会う予定がないときなどに、「用がなくても連絡していい?」と尋ねてみてはいかがでしょうか。

  • 【3】「おはよー」などの日常的なあいさつメールが頻繁に送られてきたとき

    「男性って、あいさつメールを面倒くさいと思ってそうだからビックリ」(20代女性)と、こまめにメールを送ってくれる男性を新鮮に感じる女性もいるようです。ただし、早朝や深夜のメールは相手の迷惑になりかねないので、送る時間に注意しましょう。

  • 【4】普段、文字だけのメールを送る人が、絵文字を入れてきたとき

    「自分に合わせようと頑張ってくれてるのかなと思う」(30代女性)というように、普段と違うメールに「もしかして」と女の勘が働くようです。しかし、絵文字が多すぎるメールに引いてしまう女性もいるので、話の節目だけに入れるなど、程度を考えたほうがよさそうです。

  • 【5】最後にひとつだけ、強調するようにハートマークが入っていたとき

    「多いとギャグかと思うけど、ひとつだけだと無言のメッセージを感じる」(20代女性)というように、意味深なハートマークに女性はドキッとするようです。言葉で好意を伝える自信のない人は、ハートマークに思いを込めてみてはいかがでしょうか。

  • 【6】「休日はどこで遊んでいるの?」など、質問攻めにされたとき

    「なにか計画を立ててくれているのかと妄想する」(20代女性)というように、「もしかしてデートに誘われるかも」などと期待が高まる女性は多いようです。ただし、好意のない女性に対しての質問攻めは、勘違いをされる可能性があるので気をつけましょう。

  • 【7】本文中に、何回も自分の名前が入っていたとき

    「ひとつでも名前があると照れるのに、複数入っていたら…!!」(10代女性)と、自分の名前が入った文面に、特別な意味を読み取る女性もいるようです。好意をさりげなく伝えたいなら、意識的に相手の名前をメール文に入れてみてはいかがでしょうか。

  • 【8】「メールをしていてこんなに楽しいのは初めてだよ」と入っていたとき

    「あまりメールを好まない人からの言葉だと、素直に好意と受けとめられる」(20代女性)というように、メールが苦手な男性から寄せられた「楽しい」との言葉に胸が躍るようです。メールの盛り上がりが最高潮のタイミングで伝えてみてはいかがでしょうか。

  • 【9】「俺とメールしていて平気? 彼氏怒らない?」と彼氏の有無を遠まわしに確認されたとき

    「ほかの男を気にしている時点で、『私のこと好きなのかも』と判断してしまう」(20代女性)と、男性が自分に好意を抱いていると確信する女性が多いようです。気になる女性には、思い切って彼氏の有無を確認してみると、関係が一気に進展するかもしれません。

ほかにも、女性に好意を伝えるために効果的なLINE・メールの内容があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(宮平なつき)
Photo:All images by iStock