女の子が好意を確信する瞬間8パターン


言葉で「好き」と伝える前に、女の子が「この人、私に気があるのね」と確信していることがあります。一体、どのような言動によって、好意を確信するのでしょうか。そこで今回は、「女の子が好意を確信する瞬間8パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】「美味しいお店を見つけたから、今度、一緒に行こう。」と頻繁に食事に誘ってくるとき

    頻繁に食事を誘われることで、好意があることを確信する女性は多いでしょう。しかし、食事などを通じて、デートを重ねることで女の子と親しくなることは大切なことなので、気持ちがバレることを恐れずに果敢に挑戦した方が良いでしょう。

  • 【2】連絡しなくても良い内容なのにメールをくれるとき

    女の子が「私に気があるでしょ?」と言ってくることはありませんが、何気ないメールは、気持ちがバレるキッカケとなります。自然な流れのメールを意識しつつも、ちょっと気持ちがバレるくらいのドキドキが楽しいかもしれません。

  • 【3】誰にでも頼める作業をあえて指名で頼んでくるとき

    学校や職場において、発生するケースです。誰にでも頼めることを、あえて「好きな人」を指名することで、気持ちがバレることがあります。当人だけでなく、周囲の人も気がつく可能性があるので、周りに内緒にしたければコッソリ頼んだ方が良いでしょう。

  • 【4】視線を感じるとき

    視線を感じることで、好意を確信するパターンです。チラチラと見るだけでは、女の子との関係性はまったく進展しないので、実際に行動を起こした方が良いでしょう。

  • 【5】「あれ。いつもと何か違うね?」と女の子の変化に敏感だったとき

    女の子の変化には、普段、シッカリと気に留めておきましょう。やはり、髪を切った、化粧を変えたなどの変化に気づいてもらえることはうれしいものです。好意が伝わることを恐れず、「今日は、いつもと雰囲気が違うよね。」と声をかけてあげましょう。

  • 【6】「来週は、大事なプレゼンだね。」と女の子のイベントを適度に把握しているとき

    女の子にとって重要だなと感じているイベントを把握しているパターンです。ただし、詳しく覚えていた場合、気持ち悪いと感じる女性もいるので注意しましょう。

  • 【7】些細なことや、何気なく言った一言を覚えていたとき

    何気ない言葉を覚えているパターンです。好意があるからこそ、女の子の一言一言を大切に、記憶するものです。ただし、あまりに細かく覚えていた場合、気味が悪いと思われる可能性があるので気をつけましょう。

  • 【8】ちょっとした用事でも、「一緒に行きたい。」と言ってくるとき

    女の子の話に対して、異様に食いつきを見せるパターンです。このような露骨な態度は、好意を確信されやすいでしょう。ただし、デートへつなげる上で大切なコミュニケーションなので、女の子の迷惑にならない程度で、話題に乗るようにしましょう。

他にはどのような行動で、女の子に好意を気づかれるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock