女の子に「テキトーすぎる!」と思われる返信LINE・メール9パターン


LINEやメールのやりとりは誤解が生まれやすいもの。何気なく送った返信が、女の子の目には「手抜き」に見えることもあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、男性からのどんな返信LINE・メールに対して「テキトーすぎ!」と感じるのか教えてもらいました。

  • 【1】「うん」と一言返信するだけのメール

    「どんなメールを送っても答えは同じ。メールする気が失せる」(20代女性)というように、単調な返信に悲しくなる女の子はかなり多いようです。たとえば、「うん、そう思う。○○だよね」など、会話するイメージで返信すれば女の子も楽しくメールを続けられるでしょう。

  • 【2】「どっちがいい?」と質問したときの「どっちでもいい」という投げやりなメール

    「『どっちでもいい』は『どうでもいい』に見える…」(20代女性)というように、女の子の目には、あまりにも無関心に見えるようです。「どっち?」と聞かれたら、必ず一方を選び、その理由も添えてあげるくらいの丁寧な返信が喜ばれるかもしれません。

  • 【3】どんな話題に対しても「そうなんだー」だけのメール

    「ちゃんと読んでないだろ…。何が『そう』なのよ!」(10代女性)というように、話題に対して上の空に見えるようです。たとえば、「へー、それは知らなかった。○○だと思ってた」など、関心を持っていることをアピールしましょう。

  • 【4】悩み事を相談したときの「なんとかなるよ」などの無責任なメール

    「『なんともならない』からメールしてるのに…」(10代女性)というように、他人事のような顔をしているように思われてしまうようです。ただし、「あんなに頑張ってたから大丈夫」など、「なんとかなる」裏付けを添えれば印象は違うでしょう。

  • 【5】「そうだね(^^)」「たしかに(^^)」など、文末に同じ絵文字を使っているメール

    「コピペしている姿が目に浮かんでイラッ!!」(20代女性)というように、ワンパターンの絵文字を見て怒る女の子もいるようです。メールに合わせて、絵文字の喜怒哀楽を使いわけるくらいの手間は惜しまないほうがいいでしょう。

  • 【6】「カラダにわ気つけてね」など、誤字脱字だらけのメール

    「雑だし頭も悪そう」(20代女性)というように、注意力散漫で知性もないと思われる恐れがあります。メールを送る前に見直す、難しい漢字は調べてから使うなどすれば、簡単に避けられるかもしれません。

  • 【7】「なるほどね」「分かった」など、会話をふくらませるつもりがないメール

    「つまりはメールを終わらせたいってこと?」(10代女性)というように、話を途切れさせる返信にめげる女の子もいます。「分かった。○○ということだよね?」など、理解を深めるための一言を添えると話が膨らんでいいかもしれません。

  • 【8】「Re: Re: Re: Re: Re: ○○○」というように、Re:で一杯になったタイトルをそのままにしているメール

    「愛がない。題名くらい工夫してよ」(10代女性)というように、女の子によってはメールの題名も重要なようです。「さっきの続きだけど、もしかすると…」など、話の内容を踏まえて題名をつけると喜ばれるかもしれません。

  • 【9】返信もそこそこに、2行目から「ところでさ…」と別の話題をふるメール

    「こっちの話題は無視かい!」(20代女性)というように、「ふーん」などと返信しただけで、いきなり話題をかえるメールにイラッとする女の子もいます。話題をかえるのは、女の子の話が終わるまで待ったほうがよさそうです。

ほかにも「こんな返信をしたら女の子に怒られた」という経験があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock