イケメンではない「お喋り男」がモテる理由9パターン


お笑い芸人が女優を数多く射止めているように、一般男性でもよく喋る人が「なぜかモテるな」ということがあるでしょう。そこで今回は、『オトメスゴレン』読者に聞いたアンケート調査を参考に、「イケメンではない『お喋り男』がモテる理由」をご紹介します。

  • 【1】気さくに話しかけてくれるので、とっつきやすいから

    「私は人見知りなので、男の人のほうから話しかけてほしいです」(10代女性)など、恥ずかしくて自分から話しかけられないタイプの女性は、「お喋り男」ならではのコミュニケーションを期待しているようです。緊張して言葉がうまく出てこない女性の前では、無理に話を引き出そうとせず、一方的に気楽なトークを展開するといいでしょう。

  • 【2】落ち込んでいるとき、いろんな言葉で励ましてくれて元気になれるから

    「一生懸命慰めてくれたり、笑わせようとしてくれると嬉しい」(20代女性)など、「お喋り男」ならではの心配りに感激する女性が多いようです。元気のない女性を見つけたら、わざとくだらないギャグなどを言って気持ちを和ませてあげたいものです。

  • 【3】自分のことをたくさん話してくれるので、何を考えているのかわかりやすいから

    「変に秘密主義の人より、なんかラクに付き合える」(20代女性)など、「お喋り男」の秘密のなさは、女性に安心感を与えるようです。とはいえ、下ネタや陰口など、ネガティブな話題は封印したほうがいいでしょう。

  • 【4】沈黙を恐れて話題を探す必要がないのでラクだから

    「無口な人だと『私が話題を見つけなくちゃ』って焦って疲れる」(20代女性)というように、「お喋り男」は放っておいても話を続けてくれるので、女性に掛ける負担が少ないようです。特に出会ったばかりで共通の話題が乏しい場合は、自分で話題を見つけてくれる男性が歓迎されるようです。

  • 【5】話のネタが尽きないので、ずっと一緒にいても飽きないから

    「人を楽しませるために情報収集をしてるような男性って素敵だと思います」(20代女性)など、「お喋り男」の人を飽きさせないサービス精神に惹かれる女性は多いようです。ただし、話が自慢話や、評論家気取りの批判に終始すると、聞き手はストレスに感じるだけかもしれません。

  • 【6】自分も気負いなくたくさん喋ることができるから

    「私もお喋りが好きなので、お互いいつまでも話し続けたい」(20代女性)というように、話好きな女性は多いものです。よく喋るだけでなく、相槌のタイミングやツッコミがうまい男性だと、話が盛り上がるので好感度が高いでしょう

  • 【7】いろんなジャンルの話題や知識が豊富で勉強になるから

    「いろんなことに興味、関心があるからこそ会話が途切れないんだと思う」(30代女性)というように、話題豊富な「お喋り男」は、女性に尊敬されるようです。ただし、得意げに知識をひけらかすような態度だと女性にうんざりされてしまうでしょう。

  • 【8】自分が話下手なので相手がお喋りだと助かるから

    「ふたりして黙っていると、息が詰まるので」(30代女性)など、自分が話し下手の場合、相手の男性に会話をリードしてもらいたい女性が多いようです。会話を引っ張ってくれる姿に、女性は頼もしさを感じてキュンとするのかもしれません。

  • 【9】誰とでも仲良くしてくれそうなので、家族や友人に紹介しやすいから

    「私の家族と楽しそうに話している姿を見て『この人と結婚したら幸せになれそう』と思った」(20代女性)など、コミュニケーション能力の高い男性なら、彼氏として安心して人に紹介できるという意見です。年上・年下関係なく、誰とでも同じテンションで会話ができるスキルを身に付けたいものです。

ほかにどんな「イケメンではない『お喋り男』がモテる理由」があるでしょうか。みなさんの意見をお待ちしています。(徳永幸子)
Photo:All images by iStock