過去に浮気経験がある人 「また浮気する可能性」は3倍に


過去に浮気経験がある人は、浮気したことがない人に比べて、浮気する可能性が3倍近く高いことが判明した。

米 デンバー大学の研究チームは、484名を対象に「過去2回の交際経験」に関する調査を実施した。

  • 過去に浮気したことがある人は、また浮気する可能性が高い

    その結果、過去に浮気したことがある人は、したことがない人に比べて、浮気する可能性が3倍近く高いことがわかった。

  • 恋人の浮気を知った人も、次の交際で自分が浮気してしまう可能性が高まる

    また、過去に恋人に浮気された経験がある人は、浮気されたことがない人に比べて、次の交際で自分が浮気する可能性が2倍近く高まることも明らかとなった。

    今回の調査の結果、浮気癖は治りにくいだけでなく、浮気されたほうまで将来的に浮気しやすくなってしまうということがわかった。