「脈アリ!!」と思っていい女子の言動9パターン


異性の心はなかなかわかりづらいもの。特に気になる女性の気持ちがわからないという男性は多いのではないでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「『脈アリ!!』と思っていい女子の言動」をご紹介します。

  • 【1】「○○くんのそういうところが好き」と具体的に褒める。

    「友達には『好き』とかなかなか言わないし、本気にされたら困るからそんなに褒めない」(20代女性)など、「自分の好意に気づいてもらいたい」という思いが具体的な褒め言葉となって表れるようです。褒め言葉をもらったら、疑わず素直に受け取りましょう。

  • 【2】「もうちょっとだけ付き合って」と一緒にいる時間を長くしようとする。

    「できるだけ長く一緒にいたいから誘っちゃう(笑)」(20代女性)など、好意と一緒にいる時間の長さは比例するようです。女性のほうから「もうちょっと」と引き留められたら、脈アリかもしれません。ただし、大勢の飲み会などでは判断しかねるので、早まらないようにしましょう。

  • 【3】「会いたかった」とそんなに久しぶりでもないのに言う。

    「好きな人には一日会えないだけでツラい!」(10代女性)などの声もあり、つい「会いたかった」と本音を言ってしまう女性もいるようです。短い期間で会いたくなるかがポイントなので、長期休み明けなどに言われても期待しないほうがいいでしょう。

  • 【4】「声が聞きたくて」と夜中に電話をする。

    「夜中にどうしても声が聞きたくて電話しちゃうのは好きな人だけ」(20代女性)など、若干非常識な時間帯なだけに、心を許した相手でないとなかなか夜中に電話をかけたりはできないようです。電話がかかってきたら、相づちをマメに打ち、聞き上手っぷりを発揮しましょう。

  • 【5】「○○くんといると落ち着く」と微笑みかける。

    「男友達といても安心するけど、思わせぶりに言ったりしない」(20代女性)などの意見もあり、これは非常に曖昧な発言でもあるようです。好意をにおわせたい場合には、ボディタッチがある可能性が高いので、そのあたりを目安に見極めましょう。

  • 【6】「カッコいい」と何かにつけて持ち上げる。

    「好きって言えないぶん、カッコイイって褒める!」(20代女性)など、好意を伝える手段として、男性の見た目を褒める女性もいるようです。褒めてくれた女性に「○○ちゃんもかわいいよ」と褒め返せば、さらにふたりの間の雰囲気がよくなるかもしれません。

  • 【7】「○日に○○へ行こう」と誘いが具体的になる。

    「『今度』とか曖昧な誘いだと心配」(20代女性)などの声もあり、必ず実行したい誘いは具体的になる傾向があるようです。女性のことを誘うときも「また今度」など、断られたときのことを恐れて曖昧な言い方をせず、具体的な日時を指定したほうがいいかもしれません。

  • 【8】「名前で呼んで」と親密度をアピールする。

    「親しい相手には下の名前で呼んでほしい」(20代女性)という声が多く、それをお願いされた場合は脈アリだと考えてもいいでしょう。ただし、彼女が「名前で呼ばれたい人」という場合もあるので、みんなに同じことを言っていないか注意しましょう。

  • 【9】「いつでも電話してね」と別れ際に言う。

    「好きな人からの電話はいつでも嬉しい!」(20代女性)などの声もあり、「いつでも」というところが重要なポイントだと言えそうです。そう言われても電話をせずにいると、女性のほうが「脈ナシ」と判断してしまうので、積極的に電話をかけたほうがいいでしょう。

ほかにも「こんなセリフが脈アリ!」と思えるエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock