意外な盲点!「動物好き男子」のマイナスイメージ9パターン


「優しそう」「いいお父さんになりそう」など、動物好きの男性に好印象を抱く女性は多いもの。しかし「いいイメージ」ばかりなのかというと、そうとも限らないようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「意外な盲点!『動物好き男子』のマイナスイメージ」をご紹介します。

  • 【1】小さな生き物に優しくできるのは素敵だけど、ちょっと軟弱そう

    「よく言えば温和、悪く言えば頼りないイメージ」(20代女性)というように、動物好きの男性は、少なくとも女性を引っ張っていくタイプには見られないようです。そのイメージを逆手に取って頼りがいのある所を見せると、ギャップ萌えの効果が期待できるかもしれません。

  • 【2】ペットと戯れる姿は無邪気でいいけど、女性への甘え方もうっとうしそう

    「スキンシップに遠慮がないというか、ベッタリしてきそう(笑)」(20代女性)というように、「動物と触れ合う感覚で女性とも接しているのでは…」と危惧されるケースです。心当たりがあるなら、全力で甘えたくても少し自制したほうがよさそうです。

  • 【3】動物を飼うことが当たり前すぎて、衛生面に無頓着そう

    「本人は慣れてるんだろうけど、部屋に入った途端、臭いにウッときた」(10代女性)というように、衛生面を気にする女性もいます。部屋の掃除を徹底するとともに、出掛ける前には服に動物の毛がついていないかも入念にチェックしましょう。

  • 【4】動物を愛するのは構わないけど、他人にも同じスタンスを強要しそう

    「『ペットショップで犬を買うなんて。なぜ保健所から引き取らなかった?』と責められて、理不尽な思いをした」(20代女性)というように、動物愛護の精神を人に強要するのも溝を深める原因になりそうです。こればかりは、無理に自分に同調させようとしてもこじれるばかりでしょう。

  • 【5】「いいお父さん」になる素質は十分っぽいけど、ただそれだけで役に立たなそう

    「無心になって動物と遊べるくらいだから、子どもには好かれるだろうけど頼りにならなそう」(20代女性)というように、子育ての才覚はともかく、ほかの面ではむしろ未熟なのでは…と懸念されてもいるようです。折に触れて、大人の男の風格を小出しにしたいところです。

  • 【6】本人だけでなくペットにも好かれないと、いい関係が続かなさそう

    「ペットに嫌われたらその人とも気まずくなりそうで不安」(20代女性)というように、ペットへの思い入れが強すぎて、女性に余計な心配をかけてしまうケースです。女性とペットの相性が悪くても、「うちの猫は人見知りだから」などと安心させてあげましょう。

  • 【7】ペットとの絆が強すぎて、付き合っても寂しい思いをさせられそう

    「『猫と私、どっちが大事なの!』って問い詰めるのも大人げないし…」(10代女性)というように、動物をこよなく愛する男性に対して「彼女よりペットを優先しそう」だと考える女性は多いようです。きちんと留守番ができるようペットを訓練して、デート中は女性に集中しましょう。

  • 【8】「動物好き」のいいイメージを、密かに「自分の売り」にしていそう

    「『うちの子』の話を得意げに披露しているのを見て、ケッと思った(笑)」(20代女性)というように「愛犬との逸話」を嬉しそうに語るのは善し悪しのようです。話してみて周囲の反応がかんばしくなければ、早めに切り上げたほうがよさそうです。

  • 【9】とにかく愛情が強すぎて、彼女を支配したり束縛したりしそう

    「女性のことも大事にしそうだけど、行きすぎたら怖い…」(20代女性)というように、ペットに傾ける愛情が過剰なために「もしかして重い男かも」と疑われてしまうケースです。愛情深いのはいいとしても、想いを行動に移すときには重くなりすぎないよう気をつけましょう。

「女性の勝手な思い込み」と言ってしまえばそれまでですが、悪いイメージを自ら裏付けてしまわないよう、振る舞いには気を配りましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock