二人の距離が一気に縮まる「初デートの行き先」9パターン


気になる女性をデートに誘うなら、少しでも親密になれるチャンスを探りたいところ。自然な形で彼女に接近するには、どんな行き先を選ぶといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「二人の距離が一気に縮まる『初デートの行き先』」をご紹介します。

  • 【1】キャーキャー言いながら遠慮なくボディタッチできる「お化け屋敷」

    「ベタですけど、怖くて相手にしがみついたりしちゃいますよね(笑)」(10代女性)というように、怖がらせるような場所に連れて行けば、女性のほうから体を寄せてくる可能性が高まりそうです。さっと肩を抱き寄せてあげれば、包容力もアピールできるかもしれません。

  • 【2】狭い空間でしばらく二人きりになれる「観覧車」

    「鍵がかかった瞬間に二人っきり…って中学生みたいにドキッとする」(20代女性)というように、健全な遊園地デートの流れなら、無用な警戒を招くことなく密室空間に誘えるようです。「一緒に写真を撮ろう」と声を掛けて、並んで座ってしまいましょう。

  • 【3】暗闇だからさりげなく手をつなげる「映画館」

    「緊迫する場面でそっと手を重ねてきた彼。一緒に手に汗握る状態になりました」(20代女性)というように、誰にも見られずにごく軽い接触から始められるのがシアターデートの強みのようです。とはいえ、露骨な下心を感じさせないよう、ラブシーンでの接触は控えましょう。

  • 【4】誰にも邪魔されずにゆっくり話ができる「レストランの個室」

    「お店の人が出入りする以外は二人の空間。思った以上にくつろげました」(20代女性)など、意味深な会話も周りの客を意識せずにできるのが個室の良さかもしれません。店によっては「半個室」などもあるので、あらかじめ下見した上で予約したいところです。

  • 【5】ストライクが出ると自然な流れでハイタッチができる「ボウリング場」

    「『やったじゃーん!』と手を合わせまくったので、帰りは抵抗なく手をつないでしまった(笑)」(10代女性)というように、ボウリング場なら二人で無邪気に盛り上がりながら親しさを増すことができそうです。スコアに自信のある人は、試してみる価値があるでしょう。

  • 【6】カウンターに並んで座ることで自然に密着できる「シックなバー」

    「酔いも手伝って、気が付いたら彼の肩に頭をもたせかけてました」(20代女性)というように、隣同士に座ってグラスを傾ける時間が二人の距離を縮めることもあるでしょう。バーのスツールは脚が高くて体勢が不安定になりがちなので、ごく自然に肩を寄せ合えるかもしれません。

  • 【7】夢中で応援しているうちに一体感が生まれる「スポーツ観戦」

    「ひいきのチームが優勝した瞬間、思わずハグし合ってました」(20代女性)というように、熱気あふれる会場の雰囲気に包まれながら連帯感を深めるパターンです。接戦となりそうなカードを選ぶのも成功の秘訣でしょう。

  • 【8】神秘的な雰囲気の中で一緒に水槽を覗き込める「水族館」

    「チンアナゴの下半身をじっくり見ようと水槽に顔を寄せたら、彼も同じ行動を取ってドキドキした」(10代女性)など、展示物を観察するたびに顔を近づけることができるのが水族館の素晴らしさです。口臭予防などのケアを万全にして臨みましょう。

  • 【9】無条件でロマンティックな気分になれる「夜景スポット」

    「急に無口になった彼にドギマギしてしまいました」(20代女性)というように、ロマンティックな夜景スポットなら、静かに体を寄せ合うだけで言葉などいらないかもしれません。周りにいちゃいちゃするカップルが多いと興ざめなので、場所は慎重に選んだほうが良さそうです。

まだお互いのことがよくわかっていない初デートのタイミングでは、あまり性急に事を進めてしまうと、強引に映ってしまうもの。せっかちな印象を与えないように場の空気を読みながらデートを進めましょう。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock