あげて損した!女子に嫌われる義理チョコの受け取り方9パターン


明らかに義理チョコだとわかっているときは、受け取り方もつい適当になってしまうもの。しかしこういうときこそ、男の器の大きさを値踏みされると思っておいたほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「あげて損した!女子に嫌われる義理チョコの受け取り方」をご紹介します。

  • 【1】「あ、これスーパーで山積みになってたやつ!」とバカにする

    「もらう立場の人がそういうことを言うのはおかしいと思う」(10代女性)というように、義理チョコが安そうだからと皮肉を言って、嫌われるパターンです。むしろ、そんなチョコに感謝しまくれば、「次はもっといいものを…」と思ってもらえるかもしれません。

  • 【2】「甘いもの苦手なんだよねー」と迷惑そうにする

    「それって、今言うべきこと?って感じですよね」(20代女性)というように、チョコを受け取りながら、わざわざ「甘いものが苦手」と述べるのは、あまりに空気の読めない行為でしょう。実際は食べずに家族にあげるのだとしても、くれた人の前では笑顔でお礼を述べたいものです。

  • 【3】「え、俺のこと好きなの?」とニヤつく

    「本人は深く考えずにいじってるつもりみたいだけど…絡まれてめんどくさい」(20代女性)というように、義理チョコだとわかっているのに、あえて相手をからかうのもウザがられそうです。冗談としても面白い類のものではないので、女の子に迷惑がられたくなければやめておきましょう。

  • 【4】「申し訳ないけど、彼女がいるんだよね…」と本命チョコと勘違いする

    「自意識過剰!と頭をはたきたくなります」(10代女性)というように、本命チョコとして大真面目に受け取ってしまうのも考えものです。本命であれば告白なり、手書きのメッセージなりがついてくるはずなので、慎重に確認したほうがいいかもしれません。

  • 【5】「あ、こういうのいいから」と軽やかに受け取りを拒否する

    「義理チョコも受け取れないって、オマエ何様だよ!と思いました」(10代女性)というように、迷惑に感じたとしても、それを顔や言葉に出すのは大人げないでしょう。とりあえず受け取るようにするのがスマートなのではないでしょうか。

  • 【6】「お返しは何を期待しているわけ?」と倍返し目当てだと決めつける

    「セコい女扱いされて心外です!」(20代女性)というように、お返し狙いだと判断して、それを口に出すのも顰蹙を買ってしまうようです。相手の下心を感じたとしても、挑発的な言い方は控えましょう。

  • 【7】「ホワイトデーとかめんどくさいなぁ」とダルそうな態度をとる

    「こっちは期待していないのに…あげなきゃよかった」(10代女性)というように、感謝を伝えるどころか、あからさまに迷惑そうな態度を取って反感を買うパターンです。「やったー!」と盛り上がってみせるのは無理でも、「気をつかわせちゃってごめんね」くらいの言葉は返したほうがよさそうです。

  • 【8】「ちゃんと手洗って作った?」と手作りチョコを不潔なもののように扱う

    「潔癖症かよ!と問い詰めたくなります」(10代女性)というように、手作りチョコを警戒しすぎるのも、女の子をムッとさせてしまうようです。たとえ本当に苦手だったとしても、ひとまず笑顔で受け取るのが紳士の振る舞いでしょう。

  • 【9】「やっつけ感満載じゃん」と好意を無下にする

    「性格悪!そんな言い方しかできないからモテないんだよと思います」(20代女性)というように、もらったそばからチョコをディスるのは、デリカシーがなさすぎるでしょう。余計なコメントは慎み、丁寧にお礼をすれば、今後も円満な関係を維持できるのではないでしょうか。

失礼な態度の原因になる「義理チョコ=お返しが面倒くさいもの」という考え方は捨てたほうがいいでしょう。女性陣のなかで悪評が経つとモテを遠ざけてしまうので、好感度を高めるような受け取り方を意識したいものです。(外山武史)
Photo:All images by iStock