彼氏でもない男性からもらっても迷惑な誕生日プレゼント9パターン


気になる女の子の誕生日には、気の利いたプレゼントを渡して、ライバルに差をつけたいもの。とはいえ、アイテムのチョイスを間違うと、喜んでもらえるどころかドン引きされかねないので、注意が必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に、「彼氏でもない男性からもらっても迷惑な誕生日プレゼント」をご紹介します。

  • 【1】手にしているだけで目立ってしまう「花束」

    「視線が痛いし、知り合いに会ったら突っ込まれるし、困ります」(20代女性)というように、荷物になるうえに人目を引いてしまう花束は、意外に迷惑がられてしまうようです。女性なら誰でも喜んでもらえるものと思いがちですが、彼女でもない相手に贈るにはハードルが高いでしょう。

  • 【2】デートを強制されているようで不愉快な「ペアチケット」

    「好きなイベントだけど、二人でいくのはちょっと…」(20代女性)というように、付き合ってもいない相手にペアチケットを押し付けるのは、ちょっと気が早すぎるかもしれません。プレゼントとして渡すより、面と向かって「一緒に行ってください」とお願いしたほうが好感度は高いのではないでしょうか。

  • 【3】思いがこもりすぎていて怖い「手作り品」

    「食べ物とか中に何が入っているか分からないですし」(20代女性)というように、心をこめた自作のものも、受け取る側からすると不気味に映ってしまうようです。「手作り」は関係が進むまで我慢して、恋人未満の女性にはおとなしく市販品を渡したほうが無難でしょう。

  • 【4】持ち歩くのが恥ずかしく、処分にも悩む「大きなぬいぐるみ」

    「受け取ったあと、人に見られるのがいやでタクシーで帰りました。突き返せばよかったです」(20代女性)というように、かさばるぬいぐるみは、男友達どころか彼氏にもらっても困るもののようです。プレゼントを渡すときは、持ち帰る相手のことも考えたほうがいいかもしれません。

  • 【5】好きではない相手からだとひたすら困惑するしかない「ポエム」

    「ストーカー行為に近いと思います」(10代女性)というように、愛を込めた詩を贈ったとしても、それが心に届く可能性は低そうです。詩人として名をはせるレベルの腕前ではないのなら、自重するのが賢明でしょう。

  • 【6】高価すぎて気後れしてしまう「ブランド財布」

    「ハイブランドは恐縮するし、毎日使うものだから自分の趣味に合わないと辛い…」(20代女性)というように、高級財布も受け取るときに躊躇するシロモノのようです。もし贈るにしても、相手が好むものがピンポイントで分かっている場合のみにしておきましょう。

  • 【7】俺好みの女になれ!と言われている気分になる「洋服」

    「暗に『こういう服を着てくれ』と言われているわけで不快です」(20代女性)というように、よかれと思って服を選んであげるのも地雷行為かもしれません。サイズの問題もあるので、勝手に買っても歓迎される可能性は低そうです。

  • 【8】気持ち悪いという感情しかわかない「下着」

    「変態っぽいし、もしギャグにしても寒いですよね」(20代女性)というように、つけてほしいパンツやブラを買うことは自殺行為に近いようです。付き合い始めてから一緒に買うのならまだ分かりますが、そうでないならほぼ確実に距離を置かれるでしょう。

  • 【9】カップルでないのに重すぎる「ペアリング」

    「もしかしたら告白の意味なのかもしれないけど…困る」(20代女性)というように、交際前のペアリングは、女の子に余計な重圧を与えてしまうようです。どうしてもという場合は、まず先に告白して、OKをもらってから渡すといい記念になるのではないでしょうか。

彼氏でもないのに凝ったプレゼントを渡すのはリスクが高いようです。プレゼントを選ぶ前に女友達に相談したり、インターネットで女の子の本音を調べたりしたほうがいいかもしれません。(外山武史)
Photo:All images by iStock