短いところがポイント!女の子を癒すほっこりLINE9パターン


LINEで長いメッセージをもらっても、読むのがだるいし返信も面倒だと考える女の子は、意外と多いようです。できるだけ短くて喜ばれるメッセージを送るには、どんな工夫をするといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「短いところがポイント!女の子を癒すほっこりLINE」をご紹介します。

  • 【1】「おつかれさま!」とシンプルに労うメッセージ

    「仕事終わりのときとかだとホッとしますね」(20代女性)というように、ありきたりの短いメッセージでも、タイミングがよければ癒し効果があるようです。女の子が帰宅する時間帯などに狙い撃ちしましょう。

  • 【2】「僕でよかったら話を聞くから」と悩みを受け止めるメッセージ

    「実際、相談するかどうか別として、気遣いは嬉しく思います」(10代女性)というように、自ら相談役に名乗り出るのも好印象につながるようです。相手の様子がなんだか変だなと思ったときに、サラッと送って反応を見てみましょう。

  • 【3】「よく頑張ってるね」とあたたかく応援するメッセージ

    「私の頑張りを見ててくれているんだぁって思いました」(20代女性)というように、何かに一生懸命になって取り組んでいる女の子には、労いの一言が刺さりやすいようです。仕事でもプライベートでもいいので、まずはその人が頑張っていることを把握しておきたいところです。

  • 【4】「大変じゃない?」と女の子を気にするメッセージ

    「私のことを分かってくれている感じがします…」(20代女性)というように、女の子の苦労をしのぶメッセージも喜ばれそうです。「仕事、最近忙しそうだよね?」などとひとまず様子見がてら送ってみてはいかがでしょうか。

  • 【5】「意外と寒いね!ブルブル…」と天候をぼやくメッセージ

    「震えている姿が目に浮かんで、なんかかわいいなって思いました」(20代女性)というように、天候と絡めたネタも好意的に受け止めてもらいやすいようです。自分の状況と似ているスタンプがあれば、それを使うのもアリかもしれません。

  • 【6】「早く元気になりますように」と体調を気遣うメッセージ

    「私のことを気にしてくれて、ありがたいです」(10代女性)というように、相手の調子が悪そうなときは、すかさず優しいところを見せたいものです。根掘り葉掘り状況を聞きだすよりも、あくまでさらっと気にしていることを伝えるといいでしょう。

  • 【7】「これ見て元気出して」と笑えるスタンプを付けたメッセージ

    「くだらなすぎてプッと噴き出した」(20代女性)というように、見たら誰でもにやけてしまうようなスタンプを送るのもいいかもしれません。スベる可能性もあるので、相手の笑いの好みをあらかじめおさえておきましょう。

  • 【8】「かわいいでしょ!」と画像を付けたペット自慢メッセージ

    「動物の写真を見て嫌な気持ちになる人なんていないですよね」(20代女性)というように、小さな家族の写真で女の子をほっこりさせるパターンです。かわいく撮れた写真をストックしておいて、選りすぐりの一枚を送りましょう。

  • 【9】「ウトウト…」と眠そうなスタンプを添えたメッセージ

    「子どもみたいでかわいいなって思います」(20代女性)というように、オネムのメッセージが母性本能をくすぐることもあるようです。「寝るの早すぎ!」とツッコまれそうな早い時間帯に送ってみてはいかがでしょうか。

自分も緊張せずに送ることのできるメッセージが、相手を温かい気持ちにさせるようです。IDを交換したばかりで、何を送っていいのか分からないときなどに試してみるといいかもしれません。(外山武史)
Photo:All images by iStock