来年は「本命」に昇格!義理チョコをくれた女性へのお返し9パターン


気になる女性がくれたチョコが見るからに「義理」っぽかったら、ガッカリしてしまうもの。とはいえここで引き下がってはおしまいなので、ホワイトデーに「とっておきのお返し」を贈って、「本命」への階段を上りたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「来年は『本命』に昇格!義理チョコをくれた女性へのお返し」をご紹介します。

  • 【1】定番とはいえ品質も価格も好印象な「有名パティスリーのクッキー」

    「コンビニとかのじゃなく、ちゃんと考えて選んでくれたのが分かって嬉しかった」(20代女性)というように、一流洋菓子店でお返しを用意すれば、「義理のやりとり」以上のものを感じてもらえそうです。「量より質」の気遣いが伝われば、悪い印象は与えないでしょう。

  • 【2】大人かわいいチョイスにセンスのよさが光る「カップケーキ」

    「見た瞬間テンションが上がりました」(20代女性)というように、凝ったデコレーションのカップケーキは、女性の心をわしづかみにするようです。「この人とのデートは楽しそう」と期待してもらえる可能性さえあるかもしれません。

  • 【3】わざわざ手配してくれた心遣いが嬉しい「お取り寄せスイーツ」

    「生ものだと受取日も気にしなくちゃいけないから大変だったはず…」(20代女性)というように、通販でしか入手できないお菓子だと、その手間暇も含めて感謝してもらえそうです。グルメな女性であれば、「知る人ぞ知る逸品」を選んであっと言わせたいところです。

  • 【4】普段の私をよく見てくれてるなあ…と感心する「実用的な文房具」

    「自分的にはお菓子より嬉しかった。使うたびに相手の顔が浮かびます」(10代女性)というように、普段使いできる文房具も意外に喜ばれそうです。とはいえ、せっかく贈るなら、実用一点張りではないおしゃれなものをチョイスする必要があるでしょう。

  • 【5】意外な特技にがぜん興味をかき立てられる「手作りマフィン」

    「『よく作るの?』『料理も好き?』と質問攻めにしてしまった(笑)」(20代女性)というように、いっそ「手作り」に挑戦したら、間違いなく関心を引けそうです。自分を強くアピールしたいのであれば、試作を繰り返し、悪戦苦闘するだけの価値はあるでしょう。

  • 【6】いつか行きたい!と話していた「レストランでのランチ」

    「私の話を覚えててくれたことに驚いたし、誠実な人柄が伝わってきた」(20代女性)というように、相手が興味を示した店でランチをご馳走するのも喜ばれそうです。会話が弾めば、一気に距離が縮まるかもしれません。

  • 【7】デートのお誘い?とドキドキしてしまう「映画のペアチケット」

    「2枚あるのに気づいてハッとした。もちろん一緒に行きました」(20代女性)というように、映画のペアチケットを渡して、デートに持ち込む作戦です。あくまで「お返し」なので、2枚とも預けてその先は相手に委ねたほうが、押し付けがましくなくていいでしょう。

  • 【8】特別扱いされているようでキュンとくる「ほかの子とは違うお返し」

    「『一人のときに開けて』と言われて、本命をもらった男子の気持ちになった(笑)」(10代女性)というように、本命チョコをあげる感覚で、特別なお返しを渡すのもよさそうです。思わせぶりな一言を添えれば、鈍感な女性でも感づいてもらえるのではないでしょうか。

  • 【9】自分への特別な想いをほのかに感じる「個人的に好きなスイーツ」

    「共通の友達にリサーチしたと聞いて、グッときた」(20代女性)というように、相手の心に確実に刺さるお返しを用意して、こちらの本気を匂わせる方法です。単なる偶然だと思われても悲しいので、恩着せがましくならない程度に「選んだ理由」を伝えましょう。

チョコのお返しで評価をアップさせることは十分可能なようです。「義理チョコか…」とめげずに、積極的にアプローチしましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock