翌日も必ず連絡が来る!女子への「おやすみ」LINE9パターン


好意を持つ女子に「おやすみ」LINEを送ったものの、翌日になっても返信がない。そんながっかりな経験を持つ男子も多いのではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に、「翌日も必ず連絡が来る!女子への『おやすみ』LINE」をご紹介します。

  • 【1】「あったかくして寝てね」と相手の身体を気づかう

    「下心とかじゃなくて純粋なやさしさを感じるので、すぐに『ありがとう、おやすみね』と返した」(20代女性)というように、短い言葉で相手を気づかう内容は好感度が高いようです。季節に応じて言い回しを工夫できるとよさそうです。

  • 【2】「眠る5秒前だよ」と一日の最後のLINEだとアピールする

    「眠る直前に連絡してくれるところがかわいい」(10代女性)など、眠気と闘いながらのLINEも女ゴコロをくすぐるようです。とはいえ、4秒前、3秒前とカウントダウンまで行うと、あざとく映ってしまうので注意しましょう。

  • 【3】「時間が合えば明日ランチでもどう?」と気軽なアポを入れる

    「急に言われてもたいてい無理なんだけど、せっかくのお誘いなので返信はちゃんとする」(20代女性)というように、誘いの内容が具体的であればあるほど、リターンは確実になりそうです。また、たとえその日がダメでも、別の日のアポ取りにつながる可能性もあるでしょう。

  • 【4】「明日は嬉しいニュースを報告するね」ともったいつける

    「一応気になるので、次の日に『嬉しいニュースって何?』と聞いた」(20代女性)というように、含みのある言い回しで「続きを聞きたい」と思わせる手もあります。「実家で猫を飼い始めた」などのささやかなニュースでも、一晩かけて期待させれば十分興味を引けそうです。

  • 【5】「いやなことは全部忘れて寝よう」と思いやりを見せる

    「本当にいやなことが重なったので、『なんでわかるの?』と驚いた」(10代女性)など、当てずっぽうなことを述べただけで、結果的に「わかってる!」と思われるパターンです。たいていの人間には日々いやなことが起こるので、「明日はきっといい一日になるよ」と締めれば前向きな余韻を残せるでしょう。

  • 【6】「模試が終わったら手ごたえを教えて」と翌日の予定に言及する

    「『今の調子ならA判定出るって!』とはっぱをかけてくれて嬉しかった!」(10代女性)というように、寝る前に「明日の出来事」に触れるのも、やりとりの継続につながるようです。そのためにも、「部活の試合」「面倒な会議」など、相手の「翌日の予定」を把握しておく必要があるでしょう。

  • 【7】「おやふみなさい」などの誤入力で突っ込みどころを残す

    「単純な変換ミスなんだろうけど、こっちもふざけて『おやふみ』と返したくなる」(20代女性)というように、「おやすみ」LINEにはちょっとした天然ぶりを織り交ぜるのもよさそうです。毎回間違えれば「誤変換の人」として面白キャラが定着するかもしれません。

  • 【8】「親分、ゆっくりおやすみくだせぇ」とふざけた口調で一区切りつける

    「あえてツッコむのは面倒だけど、寝る前のLINEとしてはなごんだ」(10代女性)など、何の害もないちょっとしたおふざけこそ「おやすみ」LINEにはふさわしいのかもしれません。翌日に「子分、ゆっくり眠れたよ」と返ってくれば、こちらの土俵に引っ張り込んだも同然でしょう。

  • 【9】「君の愛犬が人間の言葉をしゃべる夢が見たいな」とロマンティックな願望を語る

    「思わず想像してニコニコしながら眠った」(20代女性)というように、より具体的なイメージを喚起させることで、夢の入り口までアテンドする作戦です。夜の魔法を借りれば、照れずに甘い言葉を繰り出せそうです。

「おやすみ」LINEは眠る直前という特殊な状況だからこそ、アイデア次第では返信をもらいやすいようです。相手の心情を想像しながら、やさしく、そして面白い内容を心がけてみてください。(石原たきび)
Photo:All images by iStock