女の子に好印象を与える、メールアドレスの聞き方9パターン


「メールアドレスの交換」は、気になる女性に近づくための最初の関門です。しかし、アプローチの仕方によっては、軽薄な男だと思われることも。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「女の子に好印象を与える、メールアドレスの聞き方9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「アドレス交換しよう」とストレートに聞く

    「単刀直入に聞かれると『男らしい』と思う」(20代女性)、「逆に下心がなさそう」(10代女性)など、正攻法であるストレートな聞き方は、多くの女性に好印象を与えるようです。勇気を持って口にすることで、自然と好意も伝わるでしょう。

  • 【2】「また今度ご飯でも一緒に行きたいから」などデートに誘いながら聞く

    「次に発展させる気があるんだってわかるから」(20代女性)など、単なる社交辞令ではないことが伝わり、女性の期待が高まるようです。ただし、初対面の相手には軽薄な印象を与える可能性があるので、丁寧な言葉遣いをしたほうがよさそうです。

  • 【3】「そういえばアドレス知らなかったね!」とうっかりしていたように聞く

    「知ってるのが当たり前なのに、っていう感じで親しみがわく」(10代女性)など、「友達なら当たり前」という雰囲気をにじませながら聞くことで、教える気になる女性もいるようです。初対面より、数回目に会ったときのほうが効果的かもしれません。

  • 【4】「よかったら連絡先聞いてもいいですか?」と控えめな姿勢で聞く

    「押し付けがましくなくて爽やか。ガツガツ来られると引いちゃう」(20代女性)など、強引な押しを嫌うタイプの女性には、やや遠慮がちな聞き方が好印象のようです。誠実な接し方を心がけるとよいでしょう。

  • 【5】「もっと仲良くなりたいから」など好意を伝えながら聞く

    「恋愛感情じゃなくても、単純に好意を持たれるのは嬉しい」(20代女性)など、もっと親しくなりたい、という男性の素直な気持ちを嬉しく思う女性は少なくないようです。自分から心を開くことで、女性に安心感を与えることができるでしょう。

  • 【6】「これ俺のアドレスだから、よかったら連絡して」と自分のアドレスを伝える

    「ガッツいた感じがなくていい。興味ない人だったら無視できるし」(20代女性)など、女性からの返信を待つパターンです。その場で聞き出すよりもスマートな印象があるようですが、やや気弱だと思われるかもしれません。

  • 【7】「相談したいことがあるんだけど」と話を聞いてほしいことを伝えて聞く

    「格好つけてなくて正直だし、頼りにされている気がする」(20代女性)など、姐御肌の女性のなかには、男性から頼りにされると興味を持つ人もいるようです。ただし、ダラダラと愚痴を聞かせたりして、女性を嫌な気持ちにさせないように注意がいるでしょう。

  • 【8】「ウチの猫の写真送るから」など、盛り上がった話題を理由にして聞く

    「会話の流れで、『じゃあ今度写真送るよ!』みたいに自然に聞いてほしい」(20代女性)など、盛り上がった話題をきっかけにするパターンです。相手の好きなものを聞き出すなど、まずは会話を盛り上げることが先決でしょう。

  • 【9】「○○の件で連絡するから」など、具体的な理由をあげて聞く

    「飲み会の幹事を一緒にやるとか、理由があれば答えられる」(20代女性)など、連絡をやり取りする必然性を作ることで、自然に受け入れられるケースです。ストレートすぎる出会いを嫌うタイプの女性に有効な手段といえそうです。

ほかに、「女の子に好印象を与える、メールアドレスの聞き方」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock