イケメンじゃないのに「イケメンかも!」と女性が錯覚してしまう瞬間9パターン


「自分はイケメンじゃないからモテない」と腐るなんてもったいない。男らしい行動や男気がときにあなたをイケメンへと演出してくれることもあるのです。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者を対象に「イケメンじゃないのに『イケメンかも!』と錯覚してしまうのはどんなとき」というアンケートを実施いたしました。そのご意見をもとに、あなたも「真のイケメン」を目指してみてはいかがでしょうか。

  • 【1】声が低くてカッコ良かったとき

    「渋い声だとうっとりしてしまう」(20代女性)というように、顔は残念でも声が良いと女性はイケメンだと錯覚してしまうようです。ただし、好きな女性の前だけ声のトーンを落としたりしていると、カッコつけているのがバレて、逆にカッコ悪くなるので注意が必要です。

  • 【2】目や鼻など顔のパーツのカッコ良さに気づいたとき

    「実は目の形が好みだとわかった途端、彼を意識するようになっちゃいました」(10代女性)というように、一部のパーツが好みであれば女性はイケメンと錯覚してしまうようです。相手の「気づき」に期待するしかありませんが、チャームポイントを聞かれたら即答する準備は必要かもしれません。

  • 【3】筋肉や引き締まったお尻などスタイルの良さを垣間見たとき

    「単純に背が高いと顔はさほどでもないのにモテますもんね」(20代女性)というように、スタイルの良さから女性はイケメンと錯覚してしまうようです。これ見よがしにすると嫌味ですが、たまに「暑いな」とシャツをはだけて胸板をチラ見せしてはいかがでしょうか。

  • 【4】脇目もふらずスポーツや仕事へ熱心に取り組んでいるとき

    「何事にも一生懸命頑張っている姿に女は弱い」(20代女性)というように、仕事やスポーツを熱心に取り組む姿を見て女性はイケメンと錯覚してしまうようです。普段はおちゃらけキャラを演じつつ、いざとなったら集中するといったギャップがあればあるほど効果的でしょう。

  • 【5】自分が困っていて、優しく助けてくれたとき

    「さりげなく優しくされると惚れます」(20代女性)というように、女性が困っているときに救いの手をさしのべると女性はイケメンだと錯覚してしまうようです。ロードサービスの職員は救助した女性とお付き合いに発展するというケースも多いと言いますから、困っている女性がいたら助けてあげましょう。

  • 【6】車の運転が上手かったり、道をよく知っていたとき

    「女性の扱いも上手いと思わせます」(30代女性)というように、運転が上手だと女性はイケメンだと錯覚してしまうようです。逆に言えば運転が下手だったり、あまりに地図が読めないとイケメンも台無し。助手席の女性を車酔いさせない、不安にさせない運転を心がけましょう。

  • 【7】楽器を演奏や歌が上手だったとき

    「すごい指さばきを見せられると圧倒されます」(20代女性)というように、楽器や歌が上手だと女性はイケメンだと錯覚してしまうようです。ただし、これ見よがしに演奏するのは嫌味になってしまいますので、披露する場があってもあくまで謙虚な姿勢で臨むとより好印象でしょう。

  • 【8】スーツやメガネ、和装がビシッと決まっていたとき

    「普段だらしなくてもスーツ姿になると3割増し」(10代女性)というように、スーツや和装が決まっていると女性はイケメンだと錯覚してしまうようです。普段スーツにメガネというような方は、あえてノーネクタイや無精ヒゲなど着くずす方向でのギャップを探っても良いでしょう。

  • 【9】女性や子ども、老人などに優しくしているのを見たとき

    「赤の他人に対しても優しいところを見るとぐっと来る」(20代女性)というように、親切な男性の姿を女性はイケメンだと錯覚してしまうようです。普段の行動から周囲への気配りや相手の立場に立った思いやりが必要です。

「イケメンじゃないのに『イケメンかも!』と女子が錯覚してしまう瞬間」には、ほかにどんなものがあると思いますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(熊山 准)
Photo:All images by iStock