ライバルはイケメン!顔面の不利を覆す恋の駆け引き9パターン


好きな女性を巡るライバルが「イケメン」だったら、恋を諦めたくなってしまっても仕方がないかもしれません。とはいえ、戦い方によっては、ルックスの不利を覆すことも決して不可能ではないようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性109名に聞いたアンケートを参考に、「ライバルはイケメン!顔面の不利を覆す恋の駆け引き」をご紹介します。

  • 【1】常に笑顔で優しく尽くし、見返りを求めない

    「上辺だけじゃない好意を感じるし、本当に優しい人なんだなって思う」(20代女性)というように、相手に喜んでもらうことだけを考え、無心に尽くしていると、いつしか本気の愛情が伝わるかもしれません。一度や二度デートを断られても、常に変わらぬ笑顔で接しましょう。

  • 【2】「今日もかわいいね」などと照れずにストレートな言葉で褒める

    「イケメンは案外受け身で退屈。積極的なアプローチをしてくれるほうがグッとくる」(20代女性)というように、「かわいい」「好きだ」などのセリフで直球の好意を伝えると、女性の気持ちは揺れるようです。何度も愛を囁き続ければ、異性として認識してもらえそうです。

  • 【3】些細な話題でもメールを送るなど、こまめに連絡を取る

    「とにかく頻繁に連絡してくる人のほうが親近感が湧く」(10代女性)というように、自分からこまめに連絡することで、何もしないイケメンよりも一歩リードできる可能性があります。相手が好みそうな情報を収集して、色々な角度から話題を振ってみましょう。

  • 【4】女性の好きな飲み物やスイーツを覚えておき、折にふれて差し入れる

    「私のことを気にかけてくれてるんだなって、形にされるとわかりやすい」(20代女性)というように、ちょっとした「差し入れ」をこまめに贈ると、相手への好意が目に見えて伝わるようです。動物を餌付けする感覚で、「いいものをくれる男」と思ってもらえればチャンスも広がるでしょう。

  • 【5】相手の話をじっくり聞き、悩みには親身になって相談に乗る

    「落ち込んでいるときにフォローしてくれたり、聞き上手な人は身近に感じる」(20代女性)というように、徹底的に「聞き手」になってあげられると、警戒心を解くことができそうです。どんなに退屈な話題でも最後までしっかり聞き、共感たっぷりに頷いてみせましょう。

  • 【6】「アイツって実は性格もいいんだよな」など、あえてライバルの長所を褒める

    「他人を素直に認められるって、堂々として男らしく感じる」(10代女性)というように、ライバルの男性について素直に褒めると、逆に自分の評価が上がるかもしれません。スポーツマンシップ的な男らしさを感じてもらえるように、爽やかに褒めましょう。

  • 【7】わがままな要求にも全力で応えようとするなど、徹底的にお姫様扱いする

    「どんなときも私を一番優先してくれる人がいい。愛されてる実感が大事」(20代女性)というように、多少の無理難題なら叶えてあげる「従順さ」が好まれることもあるようです。愛する人の笑顔のためなら苦労も買って出る覚悟を抱きたいところです。

  • 【8】自分の「非イケメンさ」をネタにして笑いをとり、親近感をアピールする

    「イケメン相手は緊張するから、自然体で付き合える非イケメンのほうが好き」(20代女性)というように、女性によってはむしろ平凡なルックスを好む人もいるようです。あえてキザに振る舞ってネタにするなど、気安さをアピールすると好印象を与えられそうです。

  • 【9】その人のコンプレックスについて、「そこが大好きだ!」と全力で肯定する

    「自分が気にしてる短所を受け入れてもらえると嬉しいし、安心する」(20代女性)というように、女性が劣等感を抱いている部分を肯定することで、特別な存在になれるケースもあるようです。相手のコンプレックスを探しあてたら、そこを全力で褒めましょう。

恋愛はイケメンが有利なことが多いのは事実ですが、努力によって覆せないほどの差ではないようです。自分の長所を活かして戦いましょう。(佐藤碧彦)
Photo:All images by iStock