バイト先の「気になる女子」と良好な関係を保つための心得9パターン


意中の子がバイト先にいる場合、仕事中や休憩時間など、親しくなる機会は山ほどあるもの。とはいえ、想いのままに猛アタックを仕掛けたら、自分も相手も職場にいづらくなってしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に「バイト先の『気になる女子』と良好な関係を保つための心得」をご紹介します。

  • 【1】彼氏の有無など、相手の恋愛事情をバイト仲間に尋ね回らない

    「こっちは何もしてないのに周りからからかわれたりして、すごい迷惑だった!」(10代女性)というように、おおっぴらに情報収集するのは控えたほうがよさそうです。気を回した同僚が勝手に気持ちを伝えてしまう危険もあるので、慎重に動きたいところです。

  • 【2】ほかの人を押しのけてまで、相手とシフトを合わせない

    「和を乱してまで近づいてこようとする人には好感が持てません」(20代女性)というように、好きな女子と一緒に働きたくても、ルールは守るべきかもしれません。意中の人に悪印象を与えたくなければ、バイト仲間に「嫌なヤツ」だと思われるのはご法度でしょう。

  • 【3】飲み物などを差し入れする場合は、ほかの女子の分も用意する

    「自分だけお菓子とかをもらっていて、『あの二人は怪しい』って噂が立ってしまった…」(20代女性)というように、ちょっとした親切で相手の気を引くときにも注意が必要のようです。特に、同年代の女子が多い職場では、別の方法を用いたほうが安全でしょう。

  • 【4】仕事しながら相手をチラ見したり、ぼんやり見とれない

    「視線を感じると、仕事ぶりをチェックされてる気がしてイラッとする!」(20代女性)というように、好きな女性に目を奪われたままでいると、相手に不快感を与えてしまいそうです。周りに好意がバレるおそれもあるので、鉄の意思で早急に視線をそらしましょう。

  • 【5】連絡先を入手したいときは、裏から手を回さず本人に持ち掛ける

    「教えた覚えのない相手からいきなり連絡がきてもキモいだけ!」(10代女性)というように、秘密裏に連絡先を探るのは、恋愛戦術的にも倫理的にも問題がありそうです。面と向かって頼んだほうが、さりげなく好意を示せていいでしょう。

  • 【6】連絡先を交換できても、しつこく連絡したり返事を強要しない

    「明日にはまた職場で会えるのに、何通も送られてきてうんざりした…」(10代女性)というように、自分だけ盛り上がって、一方的にメッセージなどを送るのもNGのようです。これからも職場で顔を合わせることを考えて、ほどよい距離感を保っておきたいものです。

  • 【7】相手のミスをかばうときは、二人だけの秘密にする

    「みんなに内緒で助けてもらってから、その男性と急に仲良くなりました」(20代女性)というように、「知っているのは相手と自分だけ」の状況を作るのも、親しくなれる近道かもしれません。恩を着せるような態度は慎み、楽しく秘密を分け合う雰囲気に持ち込みましょう。

  • 【8】ふいに相手といい雰囲気になっても、衝動的な告白は避ける

    「仕事中に真剣な話を持ち出されても即答できないし、いっそうやむやにしたくなる」(20代女性)というように、職場で想いを打ち明けるのは、控えたほうがよさそうです。むしろ相手をじらして期待を持たせたほうが、うまくいく確率が高まるでしょう。

  • 【9】交際を申し込むときは、バイトを辞める覚悟でのぞむ

    「仲間に気を使いながら付き合うのに疲れて、結局別々のバイトをすることになった…」(20代女性)というように、仮に返事がOKでも、同じ職場にい続けるのは気苦労が多いようです。とはいえ、色よい回答がもらえそうな見込みがあるなら、突き進むべきかもしれません。

意中の相手だけでなく、周囲の目も気にする必要があるようです。自制心が求められそうですが、一緒に仲良く働けるなら努力する価値はあるでしょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock