私服もダサそう…!!センスがバレる「クールビズ」9パターン


もはや定着した感のある「クールビズ」ですが、上下スーツに比べると、やはり着こなしが難しいのが事実です。カジュアル要素を取り入れたつもりが野暮ったくなってしまうのは、いったいどんなファッションなのでしょうか。そこで今回は、20代から30代の独身女性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に「私服もダサそう…!!センスがバレる『クールビズ』」をご紹介します。

  • 【1】乳首が透ける…「素肌にワイシャツ」

    「汗でシャツが貼り付いてる人って本当にキモい」(20代女性)というように、下着を身につけなかったせいで、ワイシャツにまずいものが浮き出てしまうパターンです。1枚で済ませたいなら、色シャツや柄シャツでわかりにくくするのがせめてものエチケットでしょう。

  • 【2】見るからにだらしない「ボタン開けすぎ」

    「なんだかホストみたい…と思います」(20代女性)というように、不要にフェロモンを撒き散らすパターンです。いくら暑いといっても開いて許されるのは一番上のボタン1個までと心得ましょう。

  • 【3】あの中は蒸れ蒸れで臭そう…「裸足に革靴」

    「外国人だったらなんとなく許せるんですけどね」(30代女性)というように、水虫を疑われそうな足もとで、周囲を微妙な気持ちにさせるパターンです。近ごろは裸足に見えるスニーカーソックスもありますが、あえてちょい見えするくらいの長さを選ぶとよいかもしれません。

  • 【4】それはパンツインするやつ!「ドレスシャツなのに裾出し」

    「裾が長すぎてだらしなく見える」(20代女性)というように、ドレスシャツをカジュアルシャツのように着てしまうパターンです。もっともカジュアルシャツでもパンツイン向きのものもあるので、購入時に着こなし方を店員さんに聞いておきましょう。

  • 【5】クロップドならまだしも「すね毛丸出しバミューダパンツ」

    「いくら暑くてもさすがに短すぎるのはナシですね」(20代女性)というように、上下カジュアルとはいえボトムが半ズボンで浮いてしまうパターンです。せめて9分丈や7分丈などのクロップドタイプを選ぶとよいでしょう。

  • 【6】パナマ帽までかぶってマフィアか!「麻のセットアップ」

    「映画とかドラマの見過ぎなんじゃないか…と心配になります」(30代女性)というように、麻のスーツにハットをあわせてかたぎの人間には見えなくなるパターンです。涼しげな素材を選ぶなら濃い色味のものを選び、ビジネスシーンだと難易度の高い帽子は諦めるのが無難でしょう。

  • 【7】室内履きなら許せても「サンダルで出社」

    「まともな社会人に見えない人とは一緒に歩きたくない」(20代女性)というように、どうせ内勤だからと通勤でもサンダルを着用してしまうパターンです。ランチや休憩だからといって、気軽にサンダル履きで出かけてしまう人も、おしゃれ意識の低さを疑われるかもしれません。

  • 【8】ぽっこりおなかを隠すつもりが「ポロシャツがデカすぎ」

    「ポロシャツなのに肩があってないし、裾も長すぎるのは最高にダサい」(20代女性)というように、メタボ体型を誤魔化すためにオーバーサイズを選ぶパターンです。体型隠しがバレバレなだけでなく、みっともなくなってしまっては意味がないので、ジャストサイズを購入したいものです。

  • 【9】沖縄じゃないんだから…「アロハシャツやかりゆしウェア」

    「職場によっては許されると思うんですけど、仕事に関係ないとキツい」(20代女性)というように、なぜか派手なシャツをセレクトしてしまうパターンです。夏だからと開放的な気分になるのはわかりますが、いきなりタガが外れてしまうと色彩のコーデがめちゃくちゃになってしまうので、自分を客観視する冷静さを保ちたいところです。

まだクールビズにおののいているタイプはマシなのかもしれません。一番怖いのは自分はおしゃれだと勘違いしている人。気心知れた友達から「お前のクールビズ、ヤバくね?(笑)」と言われたら相当な危機感を持ったほうがよいでしょう。(熊山 准)
Photo:All images by iStock