遠距離恋愛を続けるために彼氏に守ってもらいたい「約束」9パターン


思うように会えない遠距離恋愛では、ちょっとした行き違いが大きな誤解を生むことも少なくありません。そんなとき、彼女のほうは、いったいどんなルールを守ってほしいと願っているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性80名に聞いたアンケートを参考に「遠距離恋愛を続けるために彼氏に守ってもらいたい『約束』」をご紹介します。

  • 【1】朝晩必ずLINEで「おはよう」「おやすみ」の挨拶をする

    「長い文章はいらないから、1日の始まりと終わりに私のことを思い出してほしい」(20代女性)というように、とにかくずっと気にかけていてもらいたいと考えているパターンです。飲み会で泥酔した晩でも、サボらずLINEしましょう。

  • 【2】どんなに忙しくても月に1回は会いに来る

    「眠い目をこすりながら始発の新幹線を降りてくる姿にキュンときます」(20代女性)など、遠い土地から定期的に会いに来る意欲も彼女の胸をときめかせるようです。交通費が負担になる場合は、事情を説明して頻度を減らしてもらう必要があるかもしれません。

  • 【3】連絡が取れなくなりそうな日は前もって知らせる

    「全然連絡がつかなくて、泣きそうになりました。出張で飛行機に乗るなら先に言っておいてほしかった!」(10代女性)というように、コンタクトが取れなくなる予定があれば、あらかじめ彼女に教えてあげておいたほうが良さそうです。少し長めに伝えておくと、用事が長引いたときも彼女を不安にさせずに済むでしょう。

  • 【4】3日に1回はLINEのトークやメールではなく「声」を聞かせる

    「声を聞くと、やっぱり落ち着きます」(20代女性)など、文字ではなく声で語り合う時間を定期的に設けることで、彼女を安心させてあげられるようです。曜日や時間帯などを決めておけば、すれ違いも防げるでしょう。

  • 【5】お互いの誕生日や記念日はなるべく一緒に過ごせるようにする

    「平日なのに、新幹線で東京・名古屋間を往復してくれた彼氏に感動」(20代女性)というように、ここぞという日は弾丸ツアーも辞さない覚悟も求められるかもしれません。一度、熱意を示せば、次からは代わりに土日に祝うなどの譲歩案も通りそうです。

  • 【6】LINEは既読スルーせずにせめてスタンプだけでもすぐに返す

    「スタンプだけでも、十分、ほっこりできるから」(10代女性)など、彼女からのLINEメッセージには、すぐにリアクションしたほうがよいようです。gifアニメなど、彼女受けしそうな凝ったスタンプをコレクションしておけば、いつでもスピーディーに返信できるでしょう。

  • 【7】飲み会や社員旅行などのイベントは隠さずきちんと報告する

    「彼氏がこっそり合コンに出てたことが判明して、修羅場になったことがあります」(20代女性)というように、職場の女性や女友達と接する機会があれば、自分から先に告白する必要がありそうです。あとからバレたときのダメージを考えれば、潔く事前に申告しておいたほうが、はるかに得策なのではないでしょうか。

  • 【8】久しぶりに会うときはきちんとおしゃれしてデートに臨む

    「『疲れているから』と、いつもジーパンにパーカーで来るのはちょっとガッカリ」(20代女性)など、気の抜けた格好ばかりだと、せっかく高揚している彼女の気持ちに水を差してしまうようです。せめて2回に1回は、パリッとしたファッションで気持ちに応えてあげましょう。

  • 【9】週に1回はテレビ電話のモニター越しにキスする

    「ちょっと恥ずかしいけど、やっぱりキュンときます」(20代女性)というように、直に触れられないもどかしさを補おうとする努力もしたほうがよさそうです。照れくさくても面倒がらずに、この「儀式」でフレッシュな気持ちを思い出しましょう。

距離がある分、盛り上がるのが遠距離恋愛。制約がある中で、なるべくいろいろな手段を使って頻繁にコンタクトを取ることで、二人の恋を長続きさせたいものです。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2015年10月7日から14日まで
対象:合計80名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock