彼女の浮気が発覚したとき、男の度量を見せるリアクション9パターン


たった一度の浮気で相手を憎むほど嫌いになれれば、むしろそちらのほうが楽かもしれません。浮気されても好きな気持ちに変わりがないのなら、男としての度量を見せて、彼女の心を取り戻したいものです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に「彼女の浮気が発覚したとき、男の度量を見せるリアクション」をご紹介します。

  • 【1】「さみしい想いをさせてごめんね」と自ら反省してみせる

    「悪いことしたのはこっちなのに謝られて驚きました」(20代女性)というように、彼女の浮気を自分の責任と受け止めて、頭を下げるパターンです。深い愛情で包み込んであげれば、心からの謝罪の言葉を引き出せるかもしれません。

  • 【2】「浮気したの?マジかよぉ!」とあえて軽いノリでリアクションする

    「重い雰囲気にならないように気を使ってくれているのかなと思いました」(20代女性)というように、あえて軽快なリアクションを見せて場の空気を和らげるパターンです。話しやすいムードを作って彼女に本音を言わせてしまいましょう。

  • 【3】「分かった。信じる」ともう浮気しないという彼女の言葉を受け入れる

    「あっさり信じてくれたので、その分、次は裏切れないと思いました」(20代女性)というように、シンプルに彼女への信頼を示すパターンです。原因や解決策をしつこく探るよりも、とにかく「信じる」姿勢を見せたほうが浮気の抑止力になりそうです。

  • 【4】「もう会わないと約束できる?」と浮気相手との関係を清算してもらう

    「彼氏の目の前でデータを消去したら、自分もケジメがつきました」(20代女性)というように、浮気相手と連絡を絶つように促すパターンです。浮気相手への怒りを爆発させるより、冷静に諭して「もう会わない」と言わせましょう。

  • 【5】「これで最後にできるかな…?」と一度だけの過ちを許す

    「初犯ということで、許していただきました…」(20代女性)というように、人間誰でも間違いを起こすということで「今回だけ許す」パターンです。ケンカ中だった、お酒を飲み過ぎていたなど、それなりの理由があったのなら、考慮してあげてみてはいかがでしょうか。

  • 【6】「浮気はダメです!以上!」とあまり多くを語らず終わりにする

    「ハイ!としか言えませんでした」(20代女性)というように、グチグチ責めずにビシッと一言で終わらせるパターンです。彼女の表情から十分に反省していることがうかがえたら、済んだ話は短めに切り上げて、「これから」の話題に移りましょう。

  • 【7】「それでも僕は絶対に浮気しない」と自分の決意を語る

    「普通なら『俺も浮気するよ?』とか言いそうなものなのに」(20代女性)というように、浮気した彼女を責めず、逆に自分は浮気しないことを宣言するパターンです。浮ついたところのある女性でも、ここまで言えば気が引き締まるかもしれません。

  • 【8】「それでも俺はまだ好きなんだけど」と愛の大きさをみせる

    「どんだけお人よしなんだと思って、彼を裏切ったことを後悔しました」(20代女性)というように、一度浮気されたくらいでは嫌いにならないことをアピールするパターンです。嫌いになれないのなら、いっそ素直にその想いをぶつけましょう。

  • 【9】「ところで今度、どこに行く?」と浮気に気づかないフリを突き通す

    「もうバレているはずなのに…彼氏なりの優しさを感じました」(20代女性)というように、浮気に気づいても、あえて気づいていないように装うパターンです。あとでグチグチいうのはカッコ悪いので、やると決めたら別れるまで浮気には触れないようにしましょう。

彼女の浮気が発覚したとき、一番大事なのは「自分の感情を抑えること」かもしれません。もしものときも取り乱さず、一呼吸おいて、次のリアクションを考えたいものです。(外山武史)
Photo:All images by iStock