付き合うだけならアリでも結婚はありえない男性9パターン


せっかく女性と付き合っても長続きしないのは、あなたが「結婚相手としてNG」だと女性に思われているからかもしれません。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに「『付き合うだけならまだいいけど、結婚はイヤ!!』と思われる男性の特徴」について聞いてみました。

  • 【1】パチンコや競馬にハマっていて、ときどき一文無しになる。

    「負けてイライラされたらイヤだし、ひそかに借金してそう」(20代女性)など、ギャンブルにどっぷりの男性に関わりたくないと考える女性は多いようです。ギャンブルは生活に支障のない範囲で楽しむのが吉と言えるでしょう。

  • 【2】稼ぎが少なく、いつも口癖のように「お金がない」と言っている。

    「『お金がない』ばかり聞いてると、こっちまで貧しい気持ちになる」(20代女性)のように、しつこい貧乏アピールにウンザリする女性も少なくありません。お金のことは口に出さず、どうしたら稼げるようになるのか対策を練りましょう。

  • 【3】極度の潔癖症など、神経質な一面を持っている。

    「歯磨き直後じゃないとキスができないとか、いろいろ面倒くさい」(20代女性)など、男性の繊細さに疲れる女性もいます。たとえ直すことができなくても「好きな女性の全てを受けいれる」くらいの心づもりは必要でしょう。

  • 【4】炊事、洗濯、掃除のどれをとってもまるでダメ。

    「マザコンっぽいし、結婚しても全部任せるのが当たり前だと思ってそう」(30代女性)のように、「家事は女の仕事」と決めつけ何もしない男性も不評です。逆に、どれか一つでもこなすことができれば、「家事を二人で分担できる」と、好印象に変わるでしょう。

  • 【5】「子どもが嫌い」「子どもはいらない」と公言している。

    「私はほしいので、埋められない心の溝を感じた」(30代女性)のように、子どもに興味がない男性は魅力に欠けるという女性もいます。二人でいるときは、必要以上に子ども嫌いをアピールしない方がいいでしょう。

  • 【6】「俺はビッグになる!」など抽象的な夢を誇らしげに語る。

    「『ビッグになる』ってなんだよ(笑)。胸張って言われても現実味がない」(20代女性)のように、夢を語ることに酔いしれる男性との将来も考えにくいようです。夢を語るより、今何を頑張っているのかを熱心に語る方が胸に刺さるのかもしれません。

  • 【7】一つの仕事を続けられず職を転々としている。

    「転職グセのある人は直らない。特に年をとってからが超不安」(20代女性)のように、仕事が続かない男性も不安視されてしまいます。「スキルアップのため」など前向きな理由を丁寧に説明すれば、「応援したい」と思ってもらえるかもしれません。

  • 【8】細かいことまで干渉する親のいいなりになっている。

    「男なのに頼りない! それに昼ドラのように鬼姑にいじめられるのはお断りです」(20代女性)のように、親に干渉されてばかりの結婚生活を想像して萎えるようです。両親に「二人のことに口出ししないでくれ!」と言う勇気を持ちましょう。

  • 【9】「俺についてこい!」など、上から目線のセリフをよく言う。

    「絶対に亭主関白になると思う。命令されてばかりの暮らしなんてイヤ」(20代女性)のように、頼れる男のセリフも受け手によっては上から目線に聞こえるようです。付き合うときは男性にリードされたいけれど、結婚後は二人で一緒に歩みたいというのが、多くの女性の本音なのかもしれません。

ほかにはどんな「『付き合うだけならまだいいけど、結婚はイヤ!!』と思われる男性の特徴」がありそうだと思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock