忘れなきゃ…友達の彼女への恋心を忘れるための処方箋9パターン


男友達の彼女に対して恋心を抱いた場合、友情を優先して「恋を諦める」という選択をする人もいるでしょう。そんなとき、速やかに恋愛感情を薄れさせるにはどうすればいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性115名に聞いたアンケートを参考に「忘れなきゃ…友達の彼女への恋心を忘れるための処方箋」をご紹介します。

  • 【1】あえてその女性に「いい子がいたら教えて」と紹介を頼む

    「本人に彼女を斡旋してもらえば、うっかり告白することもできなくなる」(20代男性)というように、自分の気持ちを抑えるためには、あえて茨の道を歩いたほうがいいようです。最初は辛いかもしれませんが、本当に彼女が見つかる可能性もあるので、前向きに考えてはいかがでしょうか。

  • 【2】恋心がなくなるまで男友達との付き合いも控える

    「男友達と遊ぶたびに思い出してしまう自分がいた」(20代男性)というように、男友達と会うことが彼女の思い出を誘発するケースもあるため、気持ちが落ち着くまでは彼女につながるものすべてを断ったほうがいいかもしれません。「仕事が忙しい」などと言えば、疑われることもないでしょう。

  • 【3】相手の女性への連絡手段をすべて断つ

    「連絡を取っている間は忘れられなさそう」(20代男性)というように、接触回数の多さと好意は比例しがちなので、会わずとも連絡を取っていれば恋を諦められなくなりそうです。忘れると決めたなら、強い意志を持って実行しましょう。

  • 【4】男友達から恋バナを引き出し生々しい話を聞く

    「二人がうまくいっているとわかれば諦めざるを得ない」(10代男性)というように、男友達からノロケ話を聞いてしまうと、「告白しても無駄だ」と思えるようになるかもしれません。ただし、「最近ケンカばかりだ」などと逆の情報が入ってくる場合もあるので、賭けの要素は強いでしょう。

  • 【5】その女性の悪い部分を積極的に思い出す

    「嫌いになる努力は結構重要だと思う」(20代男性)というように、心の中で相手の女性の欠点を挙げ連ねれば、百年の恋も冷める可能性があります。ただし、魅力を再確認するだけの結果になることもあるので、思いが強いうちはやめたほうがいいでしょう。

  • 【6】いっそ二人に結婚をけしかける

    「可能性ゼロの状況を作り出す作戦です(泣)」(20代男性)というように、二人がゴールインしてしまえば、自然と諦められると考える男性もいるようです。とはいえ、自分に彼女もいない状況で結婚を勧めるのはかなり不自然なので、うまい理由が思いついたとき限定の手だと肝に銘じましょう。

  • 【7】わざと女性にみっともない姿を見せて希望を断つ

    「嫌われてしまえばいいと思う」(10代男性)というように、自分で自分の「ネガティブキャンペーン」をすることで、忘れざるを得ない状況に追い込むケースです。ただし、友達の彼女に嫌われるのは望ましい形ではないので、最後の手段と思ったほうがいいのではないでしょうか。

  • 【8】連日合コンに参加して気を紛らわせる

    「次の恋のために頑張るのが一番」(20代男性)というように、相手の女性のことを考える暇を与えないよう、恋活でスケジュールをいっぱいにする人もいます。いろいろな女性と会うことで、彼女の印象が薄れる効果もあるのではないでしょうか。

  • 【9】ストレートに告白して玉砕する

    「『やるだけやった』と思えば納得できる」(20代男性)というように、どうしても恋心に決着をつけたい場合は、告白するのもひとつの手でしょう。ただし、相手の女性に口外しないよう頼んでも、どこまで守られるかは定かでないので、リスクは覚悟する必要がありそうです。

「嫌いになる努力をする」「嫌われるよう努める」「諦めざるを得ない状況を作る」など、自分を追い込むことがもっとも有効な手段といえそうです。リスクの低い順に実践して、しっかり恋心と決別しましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2015年6月30日から7月7日まで
対象:合計115名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock