別れを考えた彼女が「やっぱりこの人がいい」と思い直す瞬間9パターン


二人の関係が行き詰まり「もう終わりかな」と思い始めたときでも、ふと相手に対する気持ちが蘇ることがあるもの。では、女性が「失いかけた愛情」を取り戻すのはどんなときなのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性120名へのアンケートを参考に、「別れを考えた彼女が『やっぱりこの人がいい』と思い直す瞬間」をご紹介します。

  • 【1】お互いの好みを把握していて、ツーカーで分かり合えるとき

    「目玉焼きに黙って醤油を渡してくれたとき、ほかの人と一からやり直すのは無理…と思った」(20代女性)というように、ツーカーの関係は一朝一夕には作れないからこそ、気持ちを引き止める鍵になるようです。日頃から彼女の好みはきちんと押さえておきましょう。

  • 【2】彼氏の友達を通して、自分に対する真剣な気持ちを偶然聞いたとき

    「ケンカ別れ寸前で彼氏の親友に『アイツが浮気しないのは初めて』と聞かされ、もう一度信じてみようかなと(笑)」(20代女性)というように、他人から「真剣な思い」を伝え聞いて、信憑性が増すこともあります。友達に本音を話しておけば、いずれ彼女に伝わるかもしれません。

  • 【3】普段は頼りなくても、仕事になるとビシッとしている姿を見たとき

    「いつもはだらしないのに、仕事の電話できちんと敬語を使いこなす姿に惚れ直した(笑)」(20代女性)というように、オンとオフのギャップに新鮮さを覚えるパターンです。仕事に真面目に取り組むことも高評価につながるので、ときには彼女に「オンの姿」を見せましょう。

  • 【4】「結婚を考えてる」など、二人の将来についてきちんと話してくれたとき

    「付き合って3年。結婚する気がないなら次を探そうと思ってたから、切り出してくれて安心しました」(20代女性)というように、二人の将来をはっきりさせれば関係が安定するかもしれません。付き合いが長くなれば、一度は結婚について話し合いたいところです。

  • 【5】不満をぶつけても怒らず、「愛情は変わってない」と断言されたとき

    「もう私のこと好きじゃないんだと思ってたから、抱き締められて号泣…」(10代女性)というように、思い切った愛情表現が気持ちを引き戻すこともあります。彼女の情緒が不安定なら、想いを伝えて安心させてあげましょう。

  • 【6】マンネリを自覚し、改善しようと工夫する姿勢が伝わったとき

    「最初の情熱がなくなってもなんとかしようとするのは、本当に大事に思ってくれてる証拠」(20代女性)というように、関係維持のための努力が心を動かすケースです。マンネリを感じたら、相手任せにするのではなく、積極的に打開策を考えましょう。

  • 【7】実は子ども好きで、面倒見のよいタイプだと知ったとき

    「クールな人だと思ってたのに、近所の子と本気で遊んでいるのを見て意外でした」(20代女性)というように、子ども好きだという一点で、見る目が変わることもあります。彼女に結婚を意識させたければ、そこが切り札になるかもしれません。

  • 【8】自分の別れたいオーラを察知し、しょげている背中を見たとき

    「冷たくしたら、びっくりするほど落ち込んじゃって、罪悪感でいっぱいに…。もう悲しませたくないと思いました」(10代女性)というように、相手を傷つけたことで自分の気持ちを再確認するパターンです。別れの気配を察知しても、問い詰めずにじっと耐えていれば、彼女の気持ちが変わることもあるかもしれません。

  • 【9】仕事で成功するなど、将来性が開けたとき

    「結婚はないと思ってたけど、彼の昇進が決まって『アリかも』と(笑)」(20代女性)というように、女性にとって男性の将来性は、結婚や子育てを考える上で大切な要素かもしれません。彼女を愛すればこそ「まずは仕事を頑張る」という選択も、あながち間違ってはいないでしょう。

実際に別れ話を切り出されたら、もう覆らないことが多いもの。回避したければ、その前に行動したいところです。(さのちあき/Office Ti+)


【調査概要】
期間:2015年5月7日から14日まで
対象:合計120名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock