LINE・メールの返信で女性をイラつかせてしまう瞬間9パターン


好きな人とのLINEやメールのやりとりはとても楽しいもの。でも、返信の仕方によっては、女性をイラつかせてしまうこともあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「LINE・メールの返信で女性をイラつかせてしまう瞬間」をご紹介します。

  • 【1】少し返信が遅いだけで「怒ってるの?」とネガティブなメールをする。

    「少しくらいで気にしないでよ。女々しいなぁ」(20代女性)など、男性の気弱な態度にイライラする女性は多いよう。返信が遅いくらいで気落ちされると、メールもしづらくなってしまいます。ネガティブメールを送るくらいなら、別の話題を振って反応を見たほうがいいでしょう。

  • 【2】文章を含めずに、顔文字だけで感情を伝えようとする。

    「手抜き? かわいこぶってるの? どっちにしてもムカつく」(20代女性)と、苛立ちをあらわにする女性も。絵文字だけで「嬉しい」「悲しい」など感情を伝えるのは、どうやらムリがあるようです。絵文字だけでなく文字も入れて、上手に気持ちを伝えましょう。

  • 【3】質問に対して「うん」「いや」など、一言だけの返信をする。

    「素っ気ない感じ。そんなメールもらっても嬉しくない」(20代女性)と、気分を害する女性も。女性のほうがデコメなど凝ったメールを好む傾向にあるので、シンプルすぎる返信にガッカリするのかもしれません。せめて文章にして返しましょう。

  • 【4】こちらが返信しないと、催促メールを続けて送る。

    「うっとうしい! ちょっとくらい待てないの!?」(20代女性)と、苛立ちマックスの女性も。自分のことを思い返せば、少しくらい返信が遅れることもあるのでは? 「返事ちょうだい」などと催促するのはやめて、余裕をもってメールをやりとりしましょう。

  • 【5】友達と遊んでいると言っているのに、ダラダラメールを続けようとする。

    「こっちがメールやめようって態度見せてるのに、無神経なの? 気づかないの?」(20代女性)など、空気が読めないと女性を苛立たせてしまうこともあるようです。相手が忙しそうなときは、「楽しんでね」など潔くメールをやめたほうが好感度が高いでしょう。

  • 【6】こちらは質問に答えているのに返信をしない。

    「質問するだけして放置とか、意味わかんない。興味ないわけ?」(20代女性)など、質問の答えに反応しないと女性の機嫌を損ねてしまうこともあるようです。せっかく女性が質問に答えてくれたのだから、放置せず誠意をもって反応するようにしましょう。

  • 【7】毎回「いまメールして大丈夫?」と聞く。

    「ダメなときは返信しないから…。ウザいなぁ」(20代女性)など、顔色をうかがうような態度にイライラする女性もいるようです。気づかいは大事ですが、それが毎回続くと「うっとうしい」とも思われかねません。過度な気づかいはしないほうがいいでしょう。

  • 【8】写メールで行動を実況中継する。

    「興味なし! やめて」(20代女性)と、バッサリ斬る女性も…。ひとりよがりな実況や反応に困る報告メールは、女性からの評判が悪いようです。一度送ってみて相手の返信文が短いなど反応が微妙なら、それ以上はやめたほうがいいでしょう。

  • 【9】「電話したほうが早くない?」と、女性に電話をかけるよう促す。

    「そんなこと言うならそっちがかけてきてよ」(20代女性)と、イライラする女性多数。女性に決定をゆだねるような態度が嫌がられてしまうようです。本当に電話のほうがいいと思えば「電話のほうが早いからかけてもいい?」などと聞き、自分からかけましょう。

ほかにも「こんな返信が嫌がられる」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock