告白時の前置きトーク9パターン


高まった気持ちを言葉に表す「告白」。いきなり「好きだ!」と告白するのもアリですが、どうしても会話の流れを考えると、不自然な状況も多いかと思います。会話の流れを「告白モード」にするためにも、前置きした上で告白する方も多いでしょう。そこで今回は、みなさんの告白がスムーズにできるように、「告白時の前置きトーク9パターン」を紹介させて頂きます。

  • 【1】「実は・・・俺さ、」

    「実は・・・」という前置きによって、意外性を演出できるので、友人関係の長かった女の子に対する告白などに有効でしょう。

  • 【2】「ちょっと聞いてほしいことがあるんだけど、」

    ムードの良い場所にいるにも関わらず、会話の流れをコントロールすることができないときの一言です。その場の空気を一気に変え、女の子に緊張感を与えることができます。

  • 【3】「突然だけど、伝えたいことがあるんだ。」

    帰り道などの日常的な状況で「告白」に持ち込むパターンです。「突然だけど」というキーワードによって、日常的な空間からときめく空間へと変わります。

  • 【4】「つーかさ。俺、」

    恋愛話で盛り上がった流れで告白するパターンです。恋愛の話題が最高潮なとき、「つーかさ。俺、お前のことが好きなんだ!」と一気に告白しましょう。

  • 【5】「もうわかっているかもしれないけど、」

    女の子に告白することがバレていた場合の前置きです。気持ちがバレていたとしても、しっかりと言葉に出すことは大切なことです。告白して、女の子の返事を待ちましょう。

  • 【6】「今日は大切な話があるんだ。よく聞いてね。」

    「大切な話がある」という表現によって、「告白」を匂わすパターンです。彼女に緊張感を与え、告白する舞台は整います。あとは勇気を出して、「好きだ」と告げるだけです。

  • 【7】「○○○(女の子の名前)、(無言3秒くらい)」

    女の子の名前を呼んで、無言になるパターンです。無言の状態が独特の緊張感を与え、告白しやすいムードを作り出します。

  • 【8】「今、実はすごく緊張しているんだけど、」

    告白は緊張するものです。「緊張する」という正直な気持ちを口に出すことで、気持ちを落ち着かせようとするパターンです。この極度の緊張を和らげたいときに有効です。

  • 【9】「一回しか言わないからよく聞いてね。」

    告白の言葉を聞く女の子の集中力を高めるパターンです。一度しか言わないつもりであれば、聞き取りやすい声でハッキリと伝えるように心がけましょう。ただし、告白の勝ち目がある場合のみ活用しましょう。このセリフを言って、振られた場合、かなり恥ずかしい状況となります。

他にはどのような前置きトークから、告白へもっていっているでしょうか。みなさんの経験を踏まえたご意見をお待ちしています。
Photo:All images by iStock