重すぎる!女性を怖がらせてしまう過剰な純愛アピール9パターン


恋をすると、誰もが自分の愛情の大きさを相手に分かってほしいと考えるもの。しかし、思い詰めた感情を女性に投げつけるだけではドン引きされる可能性が高いので、注意が必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「重すぎる!女性を怖がらせてしまう過剰な純愛アピール」をご紹介いたします。

  • 【1】「君がいなきゃ生きていけない」と、恥も外聞もなく取りすがる

    「ヒモ宣言?それとも脅し?人として頼りなく思えてしまう」(20代女性)など、下手に生死を口にすると、愛情が正しく伝わらないかもしれません。「君がいると毎日楽しい!」などとポジティブな表現に変えたほうが、お互いに気持ちよくなれるのではないでしょうか。

  • 【2】「ほかの女性の連絡先、すべて消したから」と、勝手に異性との交遊を自粛する

    「突っ走りすぎ。いつかゴリゴリに束縛してきそう」(10代女性)など、信頼を得ようと「セルフ束縛」をしても、逆に不信感を持たれるおそれがあります。「俺には君しか見えない」と甘いセリフを使う手段もありますが、それを不言実行するのがイイ男ではないでしょうか。

  • 【3】「君のためなら今すぐ会社を辞められる」と、無責任なことを言い出す

    「ありがた迷惑です。男なら仕事も大事にしてほしい」(20代女性)など、恋愛感情のみで人生を左右する選択をすると、男としての評価が下がってしまうようです。「君のために出世を目指す!」などと、愛情を働く意欲に変換して将来性をアピールしたほうが良いでしょう。

  • 【4】「俺以上に君を愛せる人はいない」と、勝手に決めつける

    「微妙に失礼。自分に酔っている感じがする」(10代女性)など、自意識過剰な思い込みによる愛情アピールで反感を買うパターンです。「君は世界でいちばんの女性です」と、自分ではなく相手を持ち上げるセリフのほうが素直に喜んでもらえるでしょう。

  • 【5】「君のすることは何でも許すから」と、過剰な包容力をアピールする

    「何をしても怒らない相手と一緒にいるとダメ人間になりそう」(10代女性)など、優しさも度が過ぎると、女性が離れていってしまうかもしれません。相手の行動が間違っている場合は、喧嘩を恐れずに厳しく指摘したほうが、信頼関係が深まるのではないでしょうか。

  • 【6】「君のためなら世界中を敵に回してもいい」と、妄想トークを繰り広げる

    「ヒーロー気取り?勝手な設定に付き合うのが面倒臭い」(20代女性)など、非現実的なたとえ話で愛を語っても、女性を呆れさせるのがオチのようです。「30歳までに俺たちの家を買いたい」などと、現実的かつ幸せな未来を想像できるような夢を聞かせてあげましょう。

  • 【7】「たとえフラれてもずっと愛してるから」と、ストーカーの素質を見せる

    「脅しというか、呪いのように聞こえる」(10代女性)など、ネガティブな表現で永遠の愛をアピールするのも、気色悪いと思われてしまうようです。「一生、飽きさせないように頑張る!」などと謙虚な姿勢でやる気を見せたほうが、好感度も上がるでしょう。

  • 【8】「借金して買ったよ」と、高額プレゼントで気を引こうとする

    「私はキャバ嬢か!無理して貢がれても怖いだけ」(20代女性)など、金額の大きさで愛を示すような行為にも、気分を害する女性が多いようです。「無計画な男」だと思われたくなければ、記念日やデートの日以外は節約キャラを演じておく必要があるでしょう。

  • 【9】「本気で好きだから傷つく」と、軽い口喧嘩ですぐに泣く

    「女子か!すぐにメソメソするのは頼りなさすぎる」(10代女性)など、恋する男の「繊細なハート」を女性の前で見せてしまうと、ドン引きされる可能性があります。男たるもの、普段から強気の姿勢を見せて女性を惚れ惚れさせたいところです。

総合的に、オーバーな愛情表現は女性に怖がられる傾向があるようです。恋をすると妄想に浸りやすいタイプの人は注意しましょう。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock