エッチに失望!?「童貞×処女」の初セックスで困ったこと9パターン


若いカップルの場合なら特に「童貞と処女」の組み合わせで初エッチをすることもあるのではないでしょうか。ですが、お互い経験がないためにうまくいかずに失敗してしまうことも……。そこで今回は20代、30代の女性に聞いた「エッチに失望!?『童貞×処女』の初セックスで困ったこと」を紹介します。

  • 【1】服を脱がすタイミングがわからない

    「口の周りがベトベトになるまでキスしてた(笑)」(20代女性)というように、経験がないゆえに男性が女性の服を一向に脱がせられず、エッチが進まなかったという意見がありました。「しばらくキスをした後に下着姿まで脱がす、その後しばらく愛撫した後に下着も脱がして全裸にする」のようなシミュレーションをしておけばよかったのかもしれません。

  • 【2】前戯などでいちいち変な間が生まれる

    「もっと流れるように進むと思ってたのに…」(20代女性)というように、お互い気を使いすぎてなかなかエッチに没頭できなかったという意見も。また、嫌われたくないという不安から、男性側が女性に何をするにも「~していい?」と許可を求めていると、さらにセックスのテンポが悪くなってしまうのかもしれません。

  • 【3】男も女もマグロになりがち

    「マジで動きのないセックスだった(笑)」(30代女性)というように、緊張から硬直してしまうのは女性だけではなく、フェラなどの愛撫を受けている男性も同じだという声も。一般的にエッチは男性がリードするものですので、事前にAVなどを観てプレイの進行方法を勉強しておけばスムーズにエスコートできたのかもしれません。

  • 【4】お互いのアソコの臭さにドン引きしてしまう

    「思わずえづいてしまって最悪の雰囲気に……」(30代女性)というように、想像以上の性器の臭いでムードが壊れたという意見も多く聞かれました。処女や童貞はそこまで性器を入念に洗う習慣がない方が少なくないのが原因と考えられますので、未経験のうちからしっかりと性器を洗うクセをつけておいた方がよかったのかもしれません。

  • 【5】勃たないし勃たせられない

    「それじゃ挿入しようがないよね(笑)」(30代女性)というように、男性は緊張し女性も触ることができず、結局勃起をしなかったというパターンも少なからずあるようです。緊張がほぐれればちゃんと機能するはずですので、一旦お茶などを飲んで小休止し、インターバル後に再度チャレンジすればうまくいったのかもしれません。

  • 【6】お互い挿入の仕方がわからない

    「アナルに入れてこようとしてきてもこっちは『そこじゃない』としか言えないジレンマ(笑)」(30代女性)というように、お互い挿れ方がわからず強制終了になってしまったという経験を持つ人はかなり多いようです。女性は緊張すると、膣が締まって男性器を受け入れられなくなることもあるので、時間をかけてゆっくりと相手の緊張をほぐしてあげるとよかったのかもしれません。

  • 【7】お互い腰の動かし方がわからずよく抜ける

    「抜けるたびに中断するからお互い苦笑いだよね」(20代女性)というように、男性側が例えAVで見慣れていても、いざ自分で腰を動かすとなるとピストン運動に思いのほか苦戦してしまうというケースも少なくないようです。ひとりエッチのときから、手を固定して腰の動きだけでしごく練習をしておくといいリハーサルになったのかもしれません。

  • 【8】出血でベッドを汚してしまい後始末が大変

    「彼の家のベッドだったから超気まずかったです」(30代女性)というように、初エッチに出血はつきものなので、その後処理に苦労したという意見も聞かれました。一度付着するとシミはなかなか落ちないので、最初に女性の腰の下にタオルなどを敷くか、もしくはラブホテルなどの宿泊施設で初めての夜を迎えるようにすればよかったのかもしれません。

  • 【9】終了後は不完全燃焼で気まずい

    「今まで仲がよかったのが嘘みたいによそよそしくなっちゃった」(20代女性)というように、不完全燃焼に終わると「何のために恥ずかしい思いまでしたんだ」という感情からおかしな雰囲気になってしまうことも。男性側からポジティブに「今度は成功できるといいね」という雰囲気を作り出せるようにフォローをする必要があるのではないでしょうか。

お互い初めてというケースでは何もミスなく成功する方がレアなのではないでしょうか。しかし、できることなら初エッチはいい思い出にしたいもの。もし現在童貞で近いうちに処女の女性とエッチをする機会がありそうならば、上記の経験談を参考にしてみてはいかがでしょうか。(A4studio)
Photo:All images by iStock