二度としません!浮気がバレたあとの彼女からの報復9パターン


悪いことにはリスクがつきものですが、彼女に隠れて「浮気」をしていたことがバレた場合には、どんなキツイ代償を支払うことになるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性167名に聞いたアンケートを参考に、「二度としません!浮気がバレたあとの彼女からの報復」をご紹介します。

  • 【1】彼女がこれみよがしに合コンへ参加するようになった

    「自分が撒いた種だから止めることもできない…」(20代男性)というように、「目には目を」の論理で浮気をやり返されるパターンです。それでもまだ自分との交際を続けてくれているのであれば、彼女の怒りが過ぎ去るのを大人しく待つしか手はなさそうです。

  • 【2】あらゆる連絡方法をすべて拒否され、完璧に無視され続けた

    「直接会いに行ってもスルーされ、そのまま別れることに。精神的にキツかった」(20代男性)というように、浮気が判明した瞬間に「縁を切られる」パターンです。潔癖な女性であれば当然の反応とも言えるので、関係を修復できる可能性はかなり低いでしょう。

  • 【3】携帯やスマホを壊され、女性の連絡先をすべて削除させられた

    「バキバキにされて怖かった…。その後も定期的にアドレス帳をチェックされてます」(20代男性)というように、交友関係を監視下に置かれるパターンです。携帯チェックの要求も断りづらくなるので、人付き合いの幅が狭くなることは避けられないでしょう。

  • 【4】行動を制限され、どこへ行くにも事前の許可が必要になった

    「毎日の報告が義務化された。いつも監視されている気分…」(20代男性)というように、束縛が大幅に強化されるパターンです。自由を失うのは大きな苦痛ですが、彼女からの信頼を回復するまでは、従順に耐え忍ぶしかないでしょう。

  • 【5】財布を取り上げられ、使い道を完全管理されるようになった

    「友達と飲みに行くこともできず、ただ家と会社を往復するだけの空虚な毎日です」(20代男性)というように、経済的な自由を奪われた結果、行動が極端に制限されるパターンです。自動的に貯金ができるメリットもありますが、精神的には相当厳しく追い込まれるでしょう。

  • 【6】「謝罪文」を書いて、SNSに投稿することを強いられた

    「友人全員に悪評が知れ渡り、女友達には軽蔑された。しばらく誰にも会いたくない」(10代男性)というように、SNSを通じて自らの悪行を告白させられるパターンです。結果的に彼女と別れたとしても、ほかの知人女性からの評判が下がれば、恋愛対象として見てもらうことは難しくなるでしょう。

  • 【7】趣味のグッズなど、自分の宝物をめちゃくちゃに壊された

    「怒り狂った彼女の手で部屋中が荒らされるのをぼんやり見つめるしかなかった」(20代男性)というように、頭に血が上った彼女に大事な物を壊されるパターンです。物理的な被害は大きいですが、「お金で買い直せるもの」であれば、ある意味で安い代償と言えるかもしれません。

  • 【8】公衆の面前で土下座することを強要された

    「繁華街の駅前で土下座はキツかった。その後も彼女には頭が上がらず、アタリはきつくなる一方です」(20代男性)というように、人としての尊厳を破壊されるパターンです。それで収まればマシですが、彼女の要求がエスカレートしていけば、もはや対等なパートナーの関係ではいられなくなるでしょう。

  • 【9】何事もないデート中、いきなり彼女が半狂乱で泣き出すようになった

    「フラッシュバック的に思い出すらしい。二度と平穏は帰ってこないのかもしれないと思うと憂鬱…」(20代男性)というように、彼女の心に決して消えない深い傷を植え付けてしまうパターンです。そのたびに謝り慰める必要があるので、デート中を含めて二人で過ごす時間に安心感を覚えることは難しくなるでしょう。

彼女の信頼を裏切った罪は、そう簡単に償えるものではないようです。経験者の悲痛な叫びを参考にして、浮気しないことを心に誓いたいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2015年5月7日から14日まで
対象:合計167名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock