「これ以上、過去の恋バナを聞かれたくない」と女性が拒絶しているサイン9パターン


気になる女性と恋バナをしていると、つい深く聞いてしまうもの。しかし、女性にとって聞かれたくないこともあり、それをいち早く感じ取るか、感じ取らないかで男性の好感度に響くようです。そこで今回は、オトメスゴレン女性読者へのアンケートを参考に「『これ以上、過去の恋バナを聞かれたくない』と女性が拒絶しているサイン9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「これ以上は言いたくない」とハッキリ言う。

    「言ってもわからない人は、恋愛対象はおろか、友達としても嫌だ」(20代女性)というように、「これ以上話すのは嫌」と明言する女性も多いようです。ハッキリ言われたら、過去には触れずに、新たなネタをふったほうが二人の関係にヒビが入らずに済むでしょう。

  • 【2】「昔のこと過ぎてよく覚えてない」と忘れたフリをする。

    「忘れたと言えば、これ以上聞かれないはず」(20代女性)と、とぼける女性が多くいるようです。わざと忘れたフリをしたのにもかかわらず、「また、とぼけてー」としつこく追求すると、女性が怒ってしまう場合もあるので、ウソにのってあげたほうが女性もホッとしてくれそうです。

  • 【3】「じゃあ、あなたの過去の恋愛話を聞かせてよー」と話をすりかえる。

    「男性に話をふって、自分は聞く側にまわる」(20代女性)など、話の矛先を男性に向けるという意見です。女性が話題を変えようとしていることに気づかず、うっかり自分の過去を長々と語ったりしないように気をつけましょう。

  • 【4】「続きはWebで」などと、適当にはぐらかす。

    「ギャグにしておけば、過去の嫌な思い出を悟られずに済む」(20代女性)と、冗談っぽくごまかして、過去の恋愛話を回避する女性もいるようです。笑いのセンスに自信がある人は、女性のフリにのって別の話に変えると、場が盛り上がるかもしれません。

  • 【5】「過去は過去。気にするよりこれからのほうが大事じゃない?」と説く。

    「終わった恋のことは忘れたい」(20代女性)と、過去に嫌な経験をした女性ほど、これからの話を重視する傾向にあるようです。未来の話をしたがる女性には、「彼氏ができたら、どこ行きたい?」などと、恋愛についての夢を聞いてあげたほうがよさそうです。

  • 【6】「ここからは秘密」とかわいく隠す。

    「『秘密』と言えば、かわいらしさもアピールできるし、男性も強くは聞けないはず」(20代女性)というように、過去を明かさず、男性の想像に任せる女性もいるようです。女性が「秘密」と言うときは、それ以上追求しないほうがいいでしょう。

  • 【7】相手の顔を見てにっこりとし、「本当に知りたい?」と念を押す。

    「とにかく『知りたくないでしょ?』というオーラを出す」(30代女性)というように、男性が思わず黙ってしまう雰囲気を作るケースです。「本当に聞きたいの?」などと念を押されたら、「言いたくないんだな…」と察知し、間違っても「知りたい!」と言わないようにしましょう。

  • 【8】「そんなに私のことが気になる?」と質問返しをする。

    「わざわざ過去を聞き出す真意を知りたい」(10代女性)というように、話をはぐらかしながら、男性の気持ちを確かめる女性もいるようです。興味本位で聞いただけで、女性に特別な感情を抱いていない場合は、「じゃ、いいや」と矛を収めたほうがよさそうです。

  • 【9】「今が一番幸せだから昔の事なんてどうでもいい」と目を見つめてうったえる。

    「とにかく『今、幸せなの!』と強調すれば、過去は気にならなくなると思う」(30代女性)というように、過去を隠したい女性は「今が幸せ」とアピールする場合があるようです。どう幸せなのかを聞いてあげると、女性も気持ちよく会話ができることでしょう。

ほかにも、女性と過去の恋バナをしていて、「あ、言いたくないんだな…」と悟った言葉があれば、教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(宮平なつき)
Photo:All images by iStock