女性が「話しかけやすい!」と感じる男性の特徴9パターン


男性のなかにも、女性から話しかけやすいタイプと、そうでないタイプが存在します。両者の間にはいったいどんな違いがあるのでしょうか?そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査結果を参考に、「女性が『話しかけやすい!』と感じる男性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】誰にでも分け隔てなく気さくに接する

    「相手によって態度を変えない人なら声をかけても安心できそう」(10代女性)など、誰とでも気さくに話ができる男性には、女性も安心して声をかけられるようです。日頃の態度を女性はよく観察していると心得るべきでしょう。

  • 【2】虚勢をはることがなく、いつも自然体である

    「自分を大きく見せようとする男性と話すのは疲れる」(20代女性)など、女性と話すときについ見栄や虚勢をはってしまいがちな男性は、女性から敬遠されるようです。いつでも等身大の自分で接することで、普通に話ができる男性だと思ってもらえそうです。

  • 【3】平均的なファッションセンスをしている

    「オシャレすぎたり、奇抜な服装をしている人は話しかけるのが怖い」(10代女性)など、ファッションも話しかけやすさを大きく左右する要素のようです。よくも悪くも平均レベル前後の「普通の格好」をしておくのが無難かもしれません。

  • 【4】目が合うと、自然と笑顔を返している

    「アイコンタクトして笑顔が返ってくれば、話しかけても大丈夫だなって思う」(20代女性)など、目と目が合った段階で見せる男性の笑顔は、女性の警戒心を解きほぐすようです。会話の前からコミュニケーションは始まっていると考え、笑顔を見せるとよいでしょう。

  • 【5】「虫が苦手」など、女性がいじりやすい個性がある

    「こっちが多少いじっても笑って受け入れてくれる人は楽」(20代女性)など、女性からの「いじり」を受け入れて、話しかけやすさを増すパターンです。「歌がヘタ」「お酒に弱い」など、いじりやすい個性を普段からアピールしておくとよさそうです。

  • 【6】人と話すとき、基本的に笑顔になっている

    「話をするときに、まず笑顔から始まる人は安心感がある」(20代女性)など、男性と会話する際に、話の内容以前に「笑顔かどうか」を重視する女性は少なくないようです。女性との会話が苦手であっても、まず笑顔を見せることで好印象を与えられるでしょう。

  • 【7】表情が豊かでよく変わり、感情がわかりやすい

    「無表情とか、不機嫌な顔をしている人は用事があっても声をかけづらい」(10代女性)など、日頃から無表情でいる男性は、女性にとって話しかけづらい存在のようです。感情を素直に顔に出したほうが、コミュニケーションをとりやすいと思ってもらえるでしょう。

  • 【8】座っているときなどの姿勢がよく、品がよく見える

    「だらしない態度で机につっぷしたり、崩れた座り方をしている男性は怖い」(20代女性)など、立ち居振る舞いの美しさも話しかけやすさに影響するようです。姿勢がよいだけでも、礼儀正しそうな印象になるので、なんでもないときの所作を意識しましょう。

  • 【9】「聞き上手」のスタンスで会話し、女性の話を丁寧に聞く

    「こっちから話しかけても、話を最後まで聞いてくれない男性が多い」(20代女性)など、女性の話をちゃんと聞くことができない男性は、話し相手にならないと思われがちなものです。普段から女性の話を丁寧に聞くことで、「また話しかけよう」と思ってもらえるかもしれません。

ほかに、「女性が『話しかけやすい!』と感じる男性の特徴」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock