誠意で勝負!元カノを振り返らせる「復縁アピール」9パターン


一時の気持ちのすれ違いがきっかけで、望んでいない別れを迎えてしまうカップルも少なくないでしょう。「やり直したい」という想いがあっても、素直にそれを伝えるのは、なかなか難しいことかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性96名に聞いたアンケートを参考に「誠意で勝負!元カノを振り返らせる『復縁アピール』」をご紹介します。

  • 【1】「たまには会ってもらえないかな」としつこくない程度に連絡する

    「お互いに恋人がいない状態で、控え目なお願いの仕方なら考えますね」(20代女性)というように、相手に判断を委ねる言い方で、接触を試みるパターンです。付き合っていたときのような即レスを期待せず、気長に連絡を待ちましょう。

  • 【2】「ほかの女じゃ無理なんだよ」と元カノ以外眼中にないことを訴え続ける

    「別れたことを後悔しているときなら、グラッとくると思います」(20代女性)というように、今も一番の女であることをあらためて伝えるセリフです。意地の張り合いの末、ケンカ別れしてしまった元カノなら、納得度が高いのではないでしょうか。

  • 【3】「なんかあったら力になるよ」と別れても相談役に名乗りを上げる

    「その言葉に甘えて頼ってしまいそうです」(10代女性)というように、交際中から悩みごとを聞くような関係だったのなら、これからも支えてあげたい気持ちをアピールするのもいいでしょう。甘えん坊キャラやちょっと頼りないタイプには、再アプローチする自然な口実として使えるかもしれません。

  • 【4】「ちょっと近くに来たからご飯でも」とあくまで友達のスタンスで誘う

    「軽くご飯くらいなら行ってもいいかなと思えます」(20代女性)というように、メシ友のようなスタンスで元カノと会う約束を取り付ける作戦です。改めてデートを申し込むのではなく、「ついでに」という軽さを出して、再会のハードルを下げるとよさそうです。

  • 【5】「どう考えてもオレが悪かった」と過去の過ちを真剣に詫びる

    「必死で謝られたら、許さない私が悪人みたいに感じてしまいます」(20代女性)というように、自分に非があって別れたのなら、とにかく真摯に謝罪すべきかもしれません。ただの平謝りにならないように、経緯を整理し、反省の気持ちを込めて頭を下げましょう。

  • 【6】「昔のオレとは違うから」と欠点を克服したことをアピールする

    「そう言われたら、どう変わったのか見てみたくはなりますね」(20代女性)というように、別れて時間が経っているのなら、生まれ変わった自分を見てほしいと願い出るのもいいかもしれません。性格改善などメインの問題だけでなく、禁煙や肥満解消など分かりやすい説得材料を出したいところです。

  • 【7】「元気にしているか、心配で…」と別れたあとも気にしていることをほのめかす

    「ああやっぱり優しい人なんだなぁって思いました」(20代女性)というように、「近況を知りたくて」と前置きして連絡をとってみるのもいいでしょう。「あまり体が丈夫じゃなかったから」「すぐに強がるから」など、交際中に感じていた気持ちを添えると、自然に映るかもしれません。

  • 【8】「まだ捨てられなくて…」ともらったプレゼントが宝物のままであることを明かす

    「人によっては未練がましく思うのかもしれないけど、私はキュンとしました」(20代女性)というように、交際時にもらったものを未だに大事にしていると告げるのも、元カノの心に響きそうです。情が深い女性には、とくに刺さりやすいでしょう。

  • 【9】「とにかく幸せになってよ」と相手の幸せを祈願する

    「器の大きさを感じたし、もう会えなくなると思うと切なくなってしまいました」(20代女性)というように、心から幸せを願う気持ちが、元カノのハートを揺さぶることもあるようです。復縁は難しそうだと感じたら、切り札として使ってみてはいかがでしょうか。

元カノの性格や別れ方によって、響くセリフは変わるようです。未練がましいと思われないように慎重に言葉を選びましょう。(外山武史)


【調査概要】
期間:2015年4月10日から17日まで
対象:合計96名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock