感じ悪っ!プライドが高すぎて嫌われる男性の口癖9パターン


プライドの高い男性は、それゆえの「感じの悪いものの言い方」から女性に敬遠される傾向にあるようです。では、どんな発言が女性に嫌われるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性306名に聞いたアンケートを参考に「感じ悪っ!プライドが高すぎて嫌われる男性の口癖」をご紹介します。

  • 【1】「常識でしょ」と決めつけてまわりをバカにする

    「常識なんか人によって違うのに…」(20代女性)というように、思い込みで自分以外の人間をバカにすると、「器の小さ男だ」とげんなりされてしまうようです。まずは、他人の意見に耳を傾ける謙虚さを身につけてはいかがでしょうか。

  • 【2】「学生時代は…」と学歴自慢をしたがる

    「学歴をひけらかすのは本当に感じが悪い」(20代女性)というように、愛校心を持つのは構いませんが、偏差値にプライドを持つのはいい大人のすることではないでしょう。センシティブな話題でもあるので、自分から振るのはご法度と心得たほうがよさそうです。

  • 【3】「安物だよ」とブランド物をひけらかす

    「ブランド物を見せびらかしたいのが見え見えでカッコ悪い」(20代女性)というように、持ち物の値段で自分の価値を高めようとすると、女子から疎まれてしまうようです。浪費家の悪いイメージもついてしまうので、全身をブランド物で固めるのも避けたほうが賢明でしょう。

  • 【4】「○○なんか興味ない」とできないことを無視する

    「他人に弱みを見せないのは、本当は弱いからだと思う」(10代女性)というように、不得手なことを認めず強がっても、女性には気弱な本音が見破られてしまうようです。「できない」「知らない」と素直に言える、精神的にタフな男になりましょう。

  • 【5】「世間知らずだね」と上から目線で批判する

    「上から目線の発言は癪に障る」(20代女性)というように、偉そうに他人を批判していると、心証が悪くなっても仕方がないでしょう。反対意見を言う場合も、「僕の意見はちょっと違うんだけど…」などと、表現を工夫したほうがよさそうです。

  • 【6】「いい女がいない」と自分から行動しない

    「『彼女がいないだけでしょ』と心の中でツッコミました(苦笑)」(20代女性)というように、恋人ができないのを自分以外のせいにすると、女性陣から「その態度では当分無理」と思われてしまうでしょう。これまで女性に告白したことのない男性は、プライドが邪魔をしていないか振り返ったほうがいいかもしれません。

  • 【7】「こんな贅沢をした」と過去の武勇伝を語る

    「昔の話をされても困る」(20代女性)というように、どんなに華やかなエピソードでも、過去の栄光では反応に困る女性のほうが多いでしょう。昔語りは「オジサン」のレッテルを貼られかねないので、二重の意味で控えたほうがよさそうです。

  • 【8】「でも」「だって」と素直にミスを認めない

    「言い訳ばっかりしてるのはカッコ悪い」(20代女性)というように、自分の非を認めない男性は、人望を集めることはできないようです。ビジネスの場でこれを連発すると「学ぶ気がない」と判断されてしまうので、気を付けたほうがいいでしょう。

  • 【9】「オレは…」とどんな話も自分のほうに引き寄せる

    「どんな話でも自分の得意分野に引き込んじゃう、空気の読めない人は迷惑」(20代女性)というように、プライドの高さから来る「会話泥棒」は、周囲から迷惑がられているようです。話題にうまくついて行けないなら、聞き役に徹して絶妙な相づちを打つほうが好印象でしょう。

自尊心が強すぎる男性の口癖は、女性をイライラさせているようです。自分もうっかり使っていないか、一度確認したほうがいいでしょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2015年3月14日から21日まで
対象:合計306名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock