台風直撃!それでもデートを楽しみたいときの行き先9パターン


気になる女性をデートに誘ったのに、天気予報は「台風」。せっかくの予定を中止したくなければ、どんなプランを練るといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性96名に聞いたアンケートを参考に「台風直撃!それでもデートを楽しみたいときの行き先」をご紹介します。

  • 【1】入浴・マッサージ・食事まで満喫できる「日帰り温泉施設」

    「どうせ天気が悪いなら、室内でリラックスしたい」(20代女性)というように、健康ランドのような屋内空間でなら、ゆったりと日ごろの疲れを癒やすことができそうです。とはいえ、まだ彼氏でもない男性にノーメイクの顔をさらしたくない女性は多いので、段取りには配慮しましょう。

  • 【2】外界から遮断された世界に浸りたい「水族館」

    「優雅に泳ぐ魚たちを見ていたら、外の喧噪など忘れてしまいそう」(10代女性)など、巨大水槽が形作る水色の色彩に囲まれると、台風の襲撃など別世界のことと思わせてあげられるかもしれません。アクセスの良い水族館を探せば、外を歩く時間も短縮できるでしょう。

  • 【3】賑やかな空間でゲームに興じる「アミューズメント施設」

    「太鼓ゲームとか、初心者でも取っつきやすいものなら、二人で対決するのも面白そう」(20代女性)というように、騒がしいゲームセンターでは、雨風の音も気にせず遊びに熱中できそうです。どちらが夕食を奢るかを賭けて対戦するのも、勝負に熱が入って盛り上がるでしょう。

  • 【4】心行くまで「2人紅白歌合戦」が可能な「カラオケBOX」

    「J-POP縛りで延々歌い続けます!」(10代女性)など、歌好きな二人なら、大音響の中でお互いに歌声を披露し合うのも楽しそうです。採点システムで対戦したり、歌手や時代などで縛るルールを設ければ、ゲーム性が増すでしょう。

  • 【5】食べ歩きや買い物をしたり、ジムで汗も流せる「大型ショッピングモール」

    「フードコートでB級グルメツアーとか、工夫次第で楽しめそう」(20代女性)というように、雨に濡れずにいろいろなサービスが受けられる複合施設も、悪天候時の行き先としてはテッパンのようです。ショッピングに主眼を置くならアウトレットモールを選ぶといいでしょう。

  • 【6】安全な場所から暴風雨の街を眺められる「ビルの展望レストラン」

    「『外はあんなに荒れているのに、私たちはこんなにおいしいご飯を食べてる』という屈折した幸福感が味わえます」(20代女性)など、悪天候を逆手に取ったプランも、一癖ある女性には喜ばれそうです。地下道伝いにアクセスできるビルなら、一度も風雨にさらされずに済むでしょう。

  • 【7】好きなだけ落語や漫談を堪能できる「寄席や演芸場」

    「次から次へと演目があって、ずっとゲラゲラ笑っていられそう」(20代女性)というように、一定額の入場料で終日楽しめる寄席や演芸ホールなら、プロの芸を心行くまで堪能できるでしょう。相手が好むお笑いの傾向を押さえた上で行き先を決めたいものです。

  • 【8】荒れ狂う海を臨場感たっぷりに味わえる「岬のカフェ」

    「岸壁に打ち寄せる波しぶきをたっぷり眺めたい!」(20代女性)など、あえて危険なエリアに近付くという趣向も、相手によっては面白がってもらえるかもしれません。くれぐれも、生命に危険が及ぶような行為は慎みましょう。

  • 【9】デパ地下で仕入れたツマミでDVD三昧を楽しめる「自宅」

    「ここぞとばかりに見たかった映画を片っ端から楽しみたい」(20代女性)というように、いっそのこと自宅デートにしてしまえば、移動時に濡れる心配もなく、二人の時間が過ごせそうです。雨風がひどくなれば、お泊まりに持ち込みやすいかもしれません。

悪天候は、歩き回るタイプのデートには不向きですが、一カ所に留まって一緒に何かを楽しむなら、チャンスととらえることもできるかもしれません。「そういえばあのとき台風のなかデートしたね!」と後々思い出に残るような、楽しい計画を立てましょう。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2015年4月10日から17日まで
対象:合計96名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock