「正常位よりもバック派!」という女子の意外な理由9パターン


「お互いの顔を見られるから」「密着感があって愛を感じるから」などの理由で、一番好きな体位と聞かれて「正常位」と答える女性は多いですが、「私はバックが一番好き」という女性も少なくないようです。はたして後ろから攻められることが好きな女性の心理とは?そこで今回は20代、30代の女性に聞いた「『正常位よりもバック派!』という女子の意外な理由9パターン」を紹介します。

  • 【1】一番、奥まで突かれて気持ちいい体位だから

    「角度的に最深まで届くよね、バックは」(30代女性)というように、正常位と比べると膣内の「挿入深度」が勝っているという意見です。挿れる際、自分の腰の高さに合うよう女性にお尻を高く突き上げてもらうようお願いすると、最深部まで突くことができるかもしれません。

  • 【2】顔が見られないので思い切り「アへ顔」ができるから

    「私の場合、本気で感じてるときの顔って相当ブサイクなので(苦笑)」(30代女性)というように、正常位と違ってなかなかお互いの顔が見えないからこそ思う存分感じられるという意見です。「狂っちゃうぐらいどんどん気持ちよくなっていいからね」などと告げれば、より一層、彼女は快楽に溺れることができるのではないでしょうか。

  • 【3】Mっ気があるのでスパンキングされたいから

    「バックって男の人がついお尻を叩きたくなる体位だと思うから」(20代女性)というように、スパンキング願望があるため後背位が好みだという意見です。ただし、Mっ気が少ない女性は叩かれることを嫌がることもあるので、スパンキングする前に「お尻叩いちゃおうかな(笑)」などと冗談めかして言い、彼女の反応を見てから叩くかどうか決めるといいかもしれません。

  • 【4】「征服されて犯されてる感覚」が味わえるから

    「『私、無理やりヤラれちゃってる……!』って妄想しながらだと余計に感じる」(30代女性)というように、乱暴に扱われるような感覚で興奮度が増すという意見です。女性のスカートをまくしあげ、パンツを膝までずり下ろして立ちバック挿入すれば、彼女にリアルに「突然、後ろから襲われた」感を味わわせることができるのではないでしょうか。

  • 【5】動物っぽくて本能的な体位だと思うから

    「犬とか猿の交尾みたいで、理性が吹っ飛んでる感じが最高!(笑)」(20代女性)というように、哺乳類の本能に訴えかけるような野性的なスタイルだからいいという意見です。あえて無言を貫いてピストンすれば、さらに「動物っぽさ」が際立っていいかもしれません。

  • 【6】ブ男相手でも顔が見えないので思い切り感じられるから

    「顔が好みじゃない男との正常位は正直かなり萎える」(30代女性)との考えのため、逆に顔が見えない後背位ならテンションが下がることなく、気持ちよくなれるという意見です。この理由でバック好きの女性は、同じく顔が見にくい背面騎乗位も好みかもしれません。

  • 【7】バックの体勢で自ら腰を前後させて振るとより痴女っぽくなる

    「正常位では自分は動けない、騎乗位では自分が動くのが当たり前すぎる」(20代女性)という考えから、バックで自ら腰を動かすのがもっともエロくて感じるという意見です。男性器を挿入直前でストップさせ、女性に「自分で腰を後ろに動かして挿れてごらん」と誘導すればより興奮してもらえるかもしれません。

  • 【8】「寝バック」なら女性はめちゃくちゃ楽な姿勢だから

    「ぶっちゃけ1時間ぶっ続けで挿れっぱなしでもへっちゃら(笑)」(20代女性)というように、うつ伏せ状態での挿入は、姿勢に無理がないため好きだという意見です。「寝バック」は男性にとっても楽な姿勢なので、できるだけ長時間かけたいスローセックスに向いているかもしれません。

  • 【9】アナルエッチに最適な体勢だから

    「というか、お尻の穴に入れたいならバックしかなくない?」(30代女性)というように、アナルに挿入してもらいたい人はおのずとバックが好きになるという意見です。しかしアナルエッチは通常の性交よりも性病感染率が高いと言われているので、コンドームをきちんと装着して挿入するのがいいのではないでしょうか。

バック好きの女性には、肉体的な快感を求める方もいれば、精神的な快感を求める方もいるようです。「女の子はみんな正常位が好きだよね」などと決めつけて正常位一辺倒になったりせず、素直に「体位は何が好き?」と聞いて女性が望むエッチをしてあげられる男性が、「エッチ上手」と思ってもらえるのではないでしょうか。(A4studio)
Photo:All images by iStock