恋愛対象として意識するきっかけになる男性のギャップ9パターン


「異性のギャップに弱い」という人は多いですが、どんなギャップが響くのかはなかなかわかりにくいもの。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「恋愛対象として意識するきっかけになる男性のギャップ」をご紹介します。

  • 【1】格好はチャラチャラしてるのに兄弟想い。

    「何も考えてなさそうで、実は…っていうのがいい!」(20代女性)など、見た目の印象に反する優しい心づかいに、キュンとする女性は多いよう。家族との絆の深さが伝わるエピソードや、兄弟とマメに連絡を取っていることなどを話すといいでしょう。

  • 【2】普段はクールな男性が無邪気に笑う。

    「とっつきにくい人の油断してる瞬間ってかわいい」(20代女性)など、新しい一面にときめくケースです。普段あまり愛想がないという自覚がある人は、楽しいときには我慢せず、ちょっと豪快に笑うようにしてはどうでしょうか。

  • 【3】見た目は怖いのに物腰が紳士である。

    「怖そう…ってドキドキしてた人に優しくされると、『アメとムチ』的にキュンとします」(20代女性)など、緊張していたぶん強い安心を感じる女性もいるようです。ゴツい体型だったり、ちょっとコワモテだという自覚がある人は、紳士な態度を心がけるといいでしょう。

  • 【4】服を着ていると普通なのに脱ぐと細マッチョである。

    「いいカラダを見せられると、オトコとして意識しちゃいそうです(笑)」(10代女性)など、筋肉質で男性的な体つきは、女性から見ると大きな魅力になるよう。文化系の男性が細マッチョだと、さらにギャップ効果は高まるでしょう。

  • 【5】カッコいい人が書く字が子どもっぽい。

    「完璧な人の抜けた部分ってかわいい」(20代女性)など、足りない部分が逆に魅力的に映るケースです。イケメンは見た目で憧れられることが多い一方、人間的にはとっつきにくいと思われがち。苦手なことがあると知らせることで、人間的な魅力も高まるかもしれません。

  • 【6】愛想のない人がふたりきりだと明るく振る舞う。

    「『私だけに見せてくれる一面』って感じがして嬉しいな」(20代女性)と、レア感を喜ぶケースです。誰にでも明るく振る舞うのではなく、好意のある相手の前でだけ明るく振る舞うと、効果的に親密さが演出できるでしょう。

  • 【7】大人しいのにSっぽいところがある。

    「ただ大人しいだけより『秘めた一面』っぽくて魅力的」(20代女性)など、一部の女性にはウケる特徴だといえそうです。ただし、もともとちょっとした意地悪を言う「Sっぽい男性」が好きな女性でないと、受け入れてもらえない可能性も。相手の女性の好みのタイプを見極めてからでないと、Sっ気をオープンにするのは危険でしょう。

  • 【8】仕事のときは神経質そうなメガネ姿なのにスポーツマンである。

    「デスクワークのイメージしかない同僚が実はアウトドア好きだと聞くと『見てみたい!』と興味がわく」(20代女性)など、自分の知らない違った一面に魅力を感じる女性もいるようです。職場の女性に対して、アクティブな休日のエピソードを話したりしてはどうでしょうか。

  • 【9】物静かな人が実はカラオケで歌うとすごく上手い。

    「カッコいいと思うし面白い! ほかにも意外な特技がありそう(笑)」(20代女性)など、秘められた特技に期待するケースです。飲み会の二次会で披露したりすると場も盛り上がるので、こっそり練習しておくといいかもしれません。

ほかにも「こんなギャップが女性をメロメロに!」という成功エピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock