女子ウケ対策!水着前に処理したい「アソコの毛」9パターン


男性は女性に比べてムダ毛処理に無頓着なものです。しかし、肌の露出が多い水着を着る場合には、多少気を付けたほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性382名に聞いたアンケートを参考に「女子ウケ対策!水着前に処理したい『アソコの毛』」をご紹介します。

  • 【1】ワイルドすぎる「おへそまわり」

    「『ギャランドゥ』がすごいと引いちゃいます」(20代女性)というように、おへそまわりの毛に対しては厳しい評価を下す女性が多いようです。この部分に限っては「完全にないほうがいい」と思われているようなので、除毛剤などで徹底的に除去してもいいのではないでしょうか。

  • 【2】暑苦しい印象を与える「胸毛」

    「胸毛は個人的に苦手で…」(20代女性)というように、好みが分かれる部分ではありますが、胸毛に対して良い印象を持たない女性もいるようです。毛量が多い人は、多少抜いて「間引く」必要があるかもしれません。

  • 【3】色白の人は要注意「うで毛」

    「肌が白いと黒い毛がすごく多く見える(苦笑)」(10代女性)というように、特に色白の人は、肌とのコントラストの問題で、腕の毛が与えるインパクトが強いようです。専用の染料で茶色などに染めれば、量は変わらなくても軽い印象になるのではないでしょうか。

  • 【4】腕の下からはみ出るほどの「わき毛」

    「ツルツルも変だけど、多すぎるのはやっぱり嫌だ」(20代女性)というように、程度問題ではありますが、わき毛が立派すぎるとギョッとする女性が多いようです。腕を自然に下げたときにはみ出る部分だけはカットするなど、自分の水着姿を見て調整しましょう。

  • 【5】女子が目のやり場に困る「乳首の毛」

    「乳輪に生える毛は、見るとすごく微妙な気持ちになります」(20代女性)というように、乳首の毛に対して「ないほうがいい」と感じている女性は多いようです。胸毛がない人は完璧に処理する、胸毛が濃い人は多少間引くなど、胸毛とのバランスで処理を考えましょう。

  • 【6】長すぎると引いてしまう「すね毛」

    「あまりにモジャモジャだとゴリラみたい(苦笑)」(10代女性)というように、毛深いすね毛に「NO」を出す女性もいます。専用のシェーバーなどである程度長さを整えれば、簡単に「適量」になるのではないでしょうか。

  • 【7】スポーツタイプの水着なら念入りに…「Vライン」

    「ビキニをはくなら男子もしっかり処理したほうがいい」(20代女性)というように、脚の付け根まで丸見えになるタイプの水着なら、アソコの毛がはみ出さないよう気を付ける必要があるでしょう。水泳選手などを参考にすると、どこまで処理すべきなのかわかりやすいかもしれません。

  • 【8】爽やかな印象を目指すなら「ひげ」

    「無精ひげが生えてると『ヤカラ』っぽい」(20代女性)というように、派手な水着とひげの組み合わせだと、少々チャラく見えてしまうかもしれません。ビーチでの出会いに期待する場合は特に、顔のムダ毛処理にも気を遣ったほうがよさそうです。

  • 【9】嫌らしい毛に見えてしまう「太ももの毛」

    「アソコの毛との違いが正直わかりません…」(20代女性)というように、脚の付け根付近の毛も、女性にとっては微妙な存在であるようです。面倒くさがりな人は、膝丈くらいの長めの水着を選んだほうが無難でしょう。

見た目の印象をアップさせるためには、男性とてムダ毛処理を疎かにはできないようです。男性アイドルの水着写真などを参考に、全体的に「間引く」程度の絶妙なラインを狙っていきましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2015年1月8日から15日まで
対象:合計382名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock