エッチの前戯中、女性に「愛を感じさせられる」セリフ9パターン


エッチの入口である前戯。「最初が肝心」という言葉の通り、燃え上がる夜になるかどうかは、キスや愛撫をする時間にかかっているのかもしれません。二人の愛情を深め、ムードを盛り上げるためにも、今回は恋愛経験豊富な20代、30代の女性に聞いた「エッチの前戯中、女性に『愛を感じさせられる』セリフ9パターン」をご紹介します。

  • 【1】ささやくように「どんな風にされるのが一番気持ちいい?」

    「『気持ちよくなってもらおう』っていう心意気が伝わってくる」(20代女性)と、女性を満足させようと常に頑張る男性に愛を感じるようです。ただ、「答えるのは恥ずかしい」という女の方もいるので、返答がないからといって、あまりしつこく聞かないようにしたほうがいいでしょう。

  • 【2】相手を気づかう「痛くない?痛かったら言ってね」

    「エッチでも優しさは重要ポイント」(20代女性)など、思いやりのある男性の一言に思わず胸キュンするようです。アソコはデリケートなので、いきなり手で触るのではなく、優しく口で舐めて刺激に慣れさせてあげると、「さすが、わかってる!」と彼女を感心させることができるかもしれません。

  • 【3】理解されていることの喜びを与えられる「○○ちゃんはここが一番好きだよね?」

    「私のツボを覚えてくれているのが嬉しい」(20代女性)と、相手の体を熟知しているからこそ言えるセリフに愛情を感じるようです。「だんだん腰も感じるようになってきたね」など、性感帯の変化も口にすると「私の体の隅々まで知られている!」と、彼女はドキドキしてしまうかもしれません。

  • 【4】温もりが愛情に変わる「肌を重ねているだけで癒されるよ」

    「ちょっと甘えてくる彼に萌える」(30代女性)など、安心した顔で体を寄せてくる男性にキュンとなるようです。胸に顔をうずめながら「ずっとこうしていたい…」とつぶやくと、彼女の母性本能が刺激され、さらにあなたのことを愛おしく思うかもしれません。

  • 【5】言葉責めにもなる「確か焦らされるのが好きだったよね?」

    「Mにとって言葉責めは最高の前戯なんです!」(20代女性)というように、マゾ気質な性癖を把握している男性にグッとくるようです。「見ててあげるから自分で触ってごらん」などと言えば、愛情あふれるSっ気のある言葉に彼女はムラムラが止まらなくなってしまうかもしれません。

  • 【6】お願いに100%答える「もっと触ってほしいところがあれば遠慮なく言ってね」

    「愛がないとそこまで奉仕できないと思う」(30代女性)など、好意があるからこそ要求をすべて受け入れる懐の深さがあると考える女性もいるようです。また、足の指やお尻の割れ目まで舐めてあげると「そんなところまで!?」と彼女は嬉しく思うのではないでしょうか。

  • 【7】安らぎを得ていることも伝わる「○○ちゃんの香りだけで落ち着いてくるな」

    「自分の匂いって気になるから、『好き』って言われるとすごく嬉しい」(20代女性)と、心穏やかな顔をして髪の毛や体の香りを嗅いでくる男性にドキッとするようです。全身の匂いを嗅ぎつつ優しくキスをしていけば、丁寧な前戯に彼女は「愛されているなー」と実感するのではないでしょうか。

  • 【8】聴覚だけでも愛おしく思っていることを伝える「かわいい声を出してくれるんだね」

    「『声を褒める』っていう着眼点が愛を感じる」(20代女性)など、今まで彼女が言われたことのないような長所を褒めてあげると、「私のことよく見てくれてる」と嬉しく思うようです。「その声で僕以外の名前を呼んじゃダメだよ?」などと言うと独占欲も伝わり、「大事にされている」と彼女も感動するかもしれません。

  • 【9】確認し合うことも大切な「僕、○○ちゃんのツボをきちんと押さえられているかな?」

    「少し不安げな彼もかわいくてたまりません!」(20代女性)など、ご機嫌をうかがってくる男性に萌えてしまうようです。「もっと○○ちゃんのこと知りたいから教えて!」と健気な姿勢を見せれば、彼女を大切にしている気持ちがより伝わるかもしれません。

ただ女性の体を触ることだけではなく、愛の言葉をささやいたり、相手をいたわったりすることも含めて「前戯」なのではないでしょうか。エッチのテクニックだけではなく、男性自身の器と愛情の大きさも計られていることも忘れないようにしたほうがいいかもしれません。(A4studio)
Photo:All images by iStock