一緒に歩きたくない!女の子にドン引きされるファッション9パターン


デートや合コンなど、女の子の前に出る用事がある日には、どんな服を着ていくか悩んでしまうもの。服選びに正解はありませんが、NGファッションだけは避けたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性310名に聞いたアンケートを参考に「一緒に歩きたくない!女の子にドン引きされるファッション」をご紹介します。

  • 【1】チェックシャツをズボンにインする「典型的なオタクファッション」

    「同類と思われるのはちょっとイヤなので」(20代女性)というように、たとえブランド品であっても、オタクっぽいイメージが染みついている「ズボンにイン」のスタイルは避けるのが無難なようです。思い当たる節のある人は、ただシャツを出すだけでなく、普段のコーデにオタクっぽさが出ていないか友達にチェックしてもらいましょう。

  • 【2】筋肉を見せることしか頭にない「マッチョファッション」

    「ムキムキすぎると気持ち悪いんですけど」(20代女性)というように、肉体美のアピールに主眼を置いた格好も、女の子の目には痛々しく見える場合があるようです。筋肉はチラ見せ程度に抑えるのがちょうどいいと心得ましょう。

  • 【3】上下ジャージorスウェットでおなじみの「マイルドヤンキーファッション」

    「ちょっとリラックスしすぎでしょ」(10代女性)というように、コンビニに行くときのようなスタイルで出向くのは女の子に失礼かもしれません。「ちょっといいお店」で食事しても浮かないくらいのキレイな装いを意識するといいでしょう。

  • 【4】これでもかと奇抜な色を使いまくる「ハデハデファッション」

    「蛍光色を使いすぎで、コガネムシみたいだと思いました」(20代女性)というように、色使いで冒険しすぎるのもいい結果を生まないおそれがあるようです。色で個性を出したければ、ワンポイントとして入れるくらいが無難かもしれません。

  • 【5】アニメのキャラプリントがインパクトありすぎの「萌えファッション」

    「そのキャラがどうこうというより、着るのはどうかなと…」(10代女性)というように、萌え系のキャラクタープリントも見る人に違和感を覚えさせるようです。趣味がどうあれ、その場に見合った格好をするのが大人のマナーでしょう。

  • 【6】安物のアクセサリー満載の「チャラチャラファッション」

    「十字架のネックレスとかで、お洒落を気取っているのがガキっぽい」(20代女性)というように、これでもかという具合にアクセサリーをつけるのも考えもののようです。数で勝負するより、「こだわりの一点」に絞ったほうがおしゃれ上級者に見えそうです。

  • 【7】金髪やとがった靴、サングラスを駆使した「攻撃的ファッション」

    「とんがり靴、超ダサいと思うんですけど」(20代女性)というように、むやみに威嚇的な服装は、女の子にはさほど評価されないようです。まれに理解を示す人もいるかもしれませんが、万人受けを狙うなら好青年風を目指したほうがいいでしょう。

  • 【8】服の裾の位置やシルエットがおかしい「サイズ無視ファッション」

    「パンツの裾が長すぎて、引きずって歩いている人とか、ちょっと信じられない」(20代女性)というように、せっかくいい服を着ていても、サイズが合っていないとダサく見られてしまうようです。服を買うときはできるだけ試着して、店員さんにアドバイスを仰ぎましょう。

  • 【9】太っているのにピチピチの服を着る「ボンレスハムファッション」

    「細かったときはよかったのかもしれないけど、今は直視できません」(20代女性)というように、贅肉たっぷりなのにスリムな服を着ている男性を憐れむ女性もいます。今の自分と客観的に向き合い、体型にあった服を選びたいものです。

いろいろなNGファッションが出てきましたが、悩んだら身近にいる女友達の意見を聞くのが手っ取り早いかもしれません。(外山武史)


【調査概要】
期間:2015年2月9日から16日まで
対象:合計310名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock