壁ドンより効く!男らしさを演出する「○○ドン」9パターン


少女漫画に登場する「壁ドン」のように、何かをドンと叩く動作は女子をドキドキさせるもの。男たるもの、どんどんバリエーションを増やして、あらゆる状況で女子をKOできるようにしておきましょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性406名に聞いたアンケートを参考に「壁ドンより効く!男らしさを演出する『○○ドン』」をご紹介いたします。

  • 【1】嬉しい瞬間に拳でドンッと自分の胸を打つ「胸ドン」

    「戦士のような猛々しさを感じる」(20代女性)というように、胸を強く叩く仕草は、観衆に「オスとしての強さ」をアピールできるようです。とはいえ日常シーンでは暑苦しがられそうな動作なので、スポーツ中など、自然に感情の高ぶりを出せるタイミングで実践しましょう。

  • 【2】仕事で緊張した部下に闘魂注入する「背中ドン」

    「頭をポンポンされるより健全な気がして素直に喜べる」(20代女性)というように、背中に張り手をする体育会系の励まし方に胸キュンする女性もいるようです。背中を「さする」のではなく、あえて強めに叩き、セクハラを匂わせないようにしたいところです。

  • 【3】社内やクラスのたるんだ空気を引き締める「机ドン」

    「普段は大人しい男子が『みんな、しっかりしようよ』と机を叩くのとか、ギャップに萌えますよね」(10代女性)というように、机ドンには内に秘めた正義感をにじませられる効果があるようです。明らかに怒っている顔より、冷静な表情を保ったほうがスマートに見られるでしょう。

  • 【4】デートの会計時に頼もしさを演出する「財布ドン」

    「普段の10倍は器が大きい男に見える」(20代女性)というように、豪快に財布を叩くことで大物感を演出するパターンです。「今日は俺に奢らせてくれよ!」などと謙虚な言葉を添えると、尊大な印象を与えずに済みそうです。

  • 【5】飲み会でワイルドな男らしさをアピールする「ジョッキドン」

    「飲みっぷりの良さにたくましさを感じて、惚れ惚れしちゃいそう」(20代女性)というように、空のジョッキをワイルドにテーブルに置く仕草に色気を感じる女性もいるようです。ただの乱暴な男だと思われないように、店員さんにおかわりを頼むときはきちんと敬語を使いましょう。

  • 【6】自分への怒りや悔しさを表現できる「一人壁ドン」

    「やっぱり『熱い男』を見ると胸がときめいてしまう」(10代女性)というように、こみ上げる思いを壁にぶつけて情熱的な一面をアピールするパターンです。壁を足で蹴ると「ただの八つ当たり」に見えますが、手の平や額をぶつけるのであれば、やるせない気持ちを表現できるでしょう。

  • 【7】寝ている女性の上に覆い被さる「床ドン」

    「逃げられない状況に興奮してしまう!」(20代女性)というように、女性の動きを封じる床ドンは、問答無用で女性をドキドキさせるようです。もちろん、信頼関係が築けている女性以外には通報される可能性もあるので、安易に試すべきではないでしょう。

  • 【8】女性の股の間に足を入れて壁を蹴る「股ドン」

    「壁ドン以上に『何?どういうこと?』と思っちゃいそうです」(10代女性)というように、手ではなく足で女性を壁際に追いつめれば最大級のインパクトを残せる可能性があります。ただし、少しでもタイミングがずれると相手にケガをさせかねないので、やるなら慎重にしましょう。

  • 【9】調子の悪い家電やOA機器を平手で叩く「家電ドン」

    「昭和レベルの荒々しさが逆に新鮮。瀕死の人間も気合いで蘇生してくれそう」(20代女性)というように、家電を叩く無骨なやり方が「不器用で諦めない男」の魅力を引き立てるケースです。「絶対に直してやる!」と家電に話しかけて、緊迫感のあるミニドラマを演じましょう。

総合的に、仕草が大胆なだけに女性に誤解されないようなフォローを入れることが「○○ドン」を成功させるポイントのようです。さっそく気になる女性に試してみてはいかがでしょうか。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2015年1月8日から15日まで
対象:合計406名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock