うわ、ドン引き…会社のお花見で評価がガタ落ちする行動9パターン


美しく咲き乱れる桜には、人の気分を高揚させる効果があります。楽しい気分で盛り上がるのは悪いことではありませんが、ノリ重視で節度を欠いた振る舞いをしていると、花びらとともに恋のチャンスも散ってしまうかもしれません。そこで今回は、インターネットユーザーの独身女性436名に聞いたアンケートを参考に「うわ、ドン引き…会社のお花見で評価がガタ落ちする行動」をご紹介いたします。

  • 【1】「今夜は無礼講!」と宣言して、下ネタを連発する

    「下衆な男がいるとせっかくのお花見が台無しになる」(20代女性)というように、品位を欠く言動のせいで冷ややかな目で見られるパターンです。たとえお酒が入っていても、「寒くない?」などと女性社員への気遣いを忘れないようにしましょう。

  • 【2】「お花見イエー!ヒャッホー!」と、ひたすらはしゃぐ

    「さっさと帰ってカラオケに行ってほしいと思います」(20代女性)というように、騒ぐことでしかお花見を楽しめない男性は、しっとり桜を眺めたい女性陣に疎まれるおそれがあります。一緒に盛り上がりたければ、「かわいいハート形の花びら発見!」などと女子目線でテンションを上げていくのが正解でしょう。

  • 【3】桜の木に登って警備の人に怒られる

    「調子に乗りすぎな男は見ていてイタい…」(20代女性)というように、ウケ狙いでマナー違反を犯しても、ドン引きされるのがオチのようです。むしろ、アホなことをする男性社員に水を飲ませて落ち着かせるなど、お花見の品位を保つ役割を演じれば女性からの好感度が上がるでしょう。

  • 【4】悪酔いしてほかの花見客にヤジを飛ばす

    「他人に迷惑をかけるなんて、マジで最悪だと思う」(20代女性)というように、どんなに混雑していても、会社の行事でモメ事を起こすのはご法度のようです。「もう少しスペース空けてあげましょうよ!」などと周囲にまで配慮する優しさで女性社員を魅了したいところです。

  • 【5】「場所取ったの誰だよ!」と、仕切りに文句をつける

    「偉そうな態度がありえない!」(20代女性)というように、楽しい場でわざわざ不満を口にするのも、皆の反感を買ってしまいます。「日陰だけど、桜が見えるよ!ナイスファイト!」などと準備担当者の健闘を讃えて和やかな空気を作りましょう。

  • 【6】花見そっちのけで狙っている女性を口説きまくる

    「『合コンじゃないんだから』とシラケてしまう」(20代女性)というように、空気を読まずに特定の相手に熱中する「花見の私物化」で評価を下げるパターンです。口数が少ない女性社員にも話題をふるなど、全員が盛り上がるように仕向けたほうも好感度が上がりそうです。

  • 【7】「飲め!飲め!飲め!」と、学生ノリで女性に一気飲みを強いる

    「下心が丸見えだし、飲ませ方が安っぽいし、ゲンナリする」(20代女性)というように、アルコールの強要で、モラルを疑われるパターンです。気になる女性と親しくなりたいなら、「桜の刹那的な美しさが、君の魅力に重なる」などと謎めいたささやきで酔わせるのが大人の男ではないでしょうか。

  • 【8】無計画に飲酒したあげく、「トイレが長蛇の列!」と八つ当たりする

    「大人なら混雑ぐらい予想しておけよ!と思います」(20代女性)というように、トイレの行列に腹を立てても「残念な男」だと思われるようです。事前に穴場トイレを調べておき、「あそこのコンビニが狙い目だよ」などとこっそり女性に教えてあげるのが「できる男」の行動でしょう。

  • 【9】「まだ満開じゃねーし」と桜の状態に不満を漏らす

    「自然に文句を言っても仕方がない。器が小さすぎる」(20代女性)というように、桜に対するネガティブコメントも、男の株を下げてしまうでしょう。「五分咲きだけど空いててよかった!」などと前向きな言葉を選びたいところです。

桜舞う場所での飲食は、人を開放的な気持ちにさせますが、職場の人たちは「友達」ではないので、節度を保つようにしましょう。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2014年10月30日から11月6日まで
対象:合計436名(独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock