一緒にいてラクだなぁ…大らかな彼氏のほっこり行動9パターン


細かいことをいちいち怒る人より、ドーンと大きく構えるタイプのほうが、一緒にいてラクなもの。いい意味で「呑気な彼氏」に居心地のよさを感じる女性は多いようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「一緒にいてラクだなぁ…大らかな彼氏のほっこり行動」をご紹介します。

  • 【1】ケンカをしても、翌日にはケロッと忘れてしまう

    「怒鳴り合っても、一晩寝たら普通にニコニコ(笑)」(20代女性)というように、彼氏の切り替えの早さに好感を抱くパターンです。揉めた理由にもよりますが、いつまでも根に持つより、素直に「昨日は俺も悪かった」と切り出せる男性のほうが平和な交際を維持できそうです。

  • 【2】失敗した彼女の手料理を、「食べられなくはないよ」と言いながら平らげる

    「味がしない八宝菜を『胃に入れば同じ』とモリモリ食べてくれた!」(20代女性)というように、イマイチな仕上がりの料理でも文句を言わずに食べてあげるのも感謝されそうです。「次は塩気を足してみて」などと上手に改善ポイントを伝えられると、彼女の腕も向上するでしょう。

  • 【3】デートに一時間遅刻されても、「ずいぶんのんびりだったね」と笑いながら待つ

    「『またかよー』と冗談っぽくコツンとしてくれます(笑)」(10代女性)というように、待たされても悠然と受け止める懐の深さが好ましく思われるケースです。あまりにひどいときは抗議してもよさそうですが、数分の遅れならゆったり構えたほうがお互いのためになるでしょう。

  • 【4】プレゼントがダブっても、「2つに増えた」と無邪気に喜ぶ

    「購入済みとは知らずにゲーム機のカバーをあげたら、『こっちは保存用!』と喜んでくれた」(10代女性)というように、すでに持っているものを贈られても、きちんと感謝の念を示すのが好印象のようです。「いくつあっても嬉しい」などとフォローの言葉を添えましょう。

  • 【5】意見が対立しても、「そういう考え方もあるよね」と相手の話を聞く

    「彼に分があっても『俺が正しい』みたいな態度を取らないのは偉いと思う」(20代女性)というように、偉ぶらず、謙虚に人と向き合える点が評価されるパターンです。とはいえ、言われっぱなしでは建設的な議論にならないので、一通り聞いたあとは冷静に自説を述べましょう。

  • 【6】不意の出費を悔やむより、「また貯めよう」と前向きに考える

    「買ったばかりの靴が半額になっても、悔しがらずに笑ってる彼氏は器がデカいと思う(苦笑)」(20代女性)というように、お金に対するスタンスから人間性を見る女性もいます。浪費を正当化するのは論外ですが、クヨクヨしても仕方のないことは流せるようになりたいものです。

  • 【7】大事なものを人に壊されても、「わざとじゃないからしょうがない」と許す

    「カップを割ろうとフィギュアを踏もうと全然怒らない。仏のような男です(笑)」(20代女性)というように、めったなことでは怒らない男性に畏敬の念を抱くケースです。ただし明らかに悪意のある相手には、毅然とした態度を取ることも必要でしょう。

  • 【8】相手の勘違いで怒られても、笑って受け流す

    「日にちを間違った私を『そういうこともあるよねー』と許してくれた…」(10代女性)というように、揉め事の原因がどうあれ、相手に譲ることができる男性は一目置かれるようです。無理をすることはありませんが、何があっても落ち着いて対処できる余裕は持ちたいところです。

  • 【9】彼女の過去に何があっても受け入れる

    「元カレとのヘヴィな話を明かしても『へえ、そうなんだ』とニコニコ笑ってた」(20代女性)というように、女性にどんな事情があろうと動じない図太さがありがたがられるパターンです。過ぎたことを細かく蒸し返すより、いい意味で適当なほうが、心穏やかに恋愛を楽しめるかもしれません。

恋愛中に訪れるさまざまな危機を乗り越えるには、何事にも動じない「鈍感力」が必要なのかもしれません。(猫山民子)


【調査概要】
期間:2014年10月10日から15日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock