10代だと重くても、20代の男性がやると本気に見える行動9パターン


情熱に身を任せた激しい愛情のアピールは、ときとして女性に「重い」と思われるもの。しかし、同じような行動でも、男性の「年齢」によって反応が大きく変わるケースがあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性396名に聞いたアンケートを参考に、「10代だと重くても、20代の男性がやると本気に見える行動」をご紹介します。

  • 【1】「愛してる」「ずっと好きだ」など、ストレートな愛の言葉を口にする

    「若い頃は『大げさだなあ』と思ってたけど、大人に言われると本気を感じる」(20代女性)というように、大人の男性が口にする「愛の言葉」は、リアリティの点で若い頃よりも価値が高まるようです。照れずに言葉にする行為から、真剣さが伝わるでしょう。

  • 【2】忙しい毎日のなかでも、こまめなメールや電話の連絡を欠かさない

    「学生時代のメールは暇つぶしだったけど、今は時間をやりくりしてくれてるのがわかる」(20代女性)というように、忙しい大人の男性からのマメな連絡は女性を喜ばせるようです。ただし、女性側も「時間の貴重さ」がわかる大人になっていることが前提でしょう。

  • 【3】デートに大きなバラの花束を持参するなど、キザな演出をする

    「派手なサプライズは大人がやるから似合う」(10代女性)というように、花束持参などのキザな演出は、経験豊富な男性がスマートにこなすからこそ板について見えるようです。若者がやると背伸びした滑稽さが目立つので、まずは貫禄をつけるのが先決でしょう。

  • 【4】誕生日プレゼントに「指輪」を贈る

    「10代の頃とは値段も意味合いも違う」(20代女性)というように、指輪のプレゼントは女性にとって特別なものだけに、「軽々しく贈られても嬉しくない」という心理が働くようです。大人同士で真剣に交際している男女にこそ相応しいプレゼントと言えそうです。

  • 【5】「僕たちが結婚したら」と妄想を語るなど、将来の話を好む

    「まだ自立もしていない男性と結婚を語っても虚しい」(20代女性)というように、未成年の10代男性と、社会的に自立している20代男性とでは、同じ将来の妄想トークでも現実味が違うようです。とはいえ、年齢にかかわらず将来のビジョンを一方的に語れば、「ひとりよがり」と思われるので注意が必要でしょう。

  • 【6】彼女が男友達と遊びにいくとき、帰宅時間を細かく確認する

    「私自身が遊びたい時期はウザいと思ってた。今は大切にされてると実感する」(20代女性)というように、下手をすれば「束縛」と思われる相手への干渉も、年齢によって反応が変わるケースがあるようです。とはいえやりすぎは嫌われるので、過剰になり過ぎないようにしましょう。

  • 【7】自分の両親に紹介したがり、「親公認」に仕向ける

    「正々堂々と恋愛してるんだなって思えて嬉しい」(20代女性)というように、10代と20代では「親へ紹介すること」の意味合いも変わるようです。親の公認を得ることは、つまり「結婚を前提にした真剣な交際」の宣言だと念頭に置きたいものです。

  • 【8】「手書きの手紙」や「オリジナルソング」など、手作りのものを贈る

    「逆に心がこもってると感じるようになった」(20代女性)というように、自分の想いを込めたクリエイティブ系の贈り物は、大人になってからのほうが逆に喜ばれるようです。相手のために情熱と手間を費やしたことに価値を見出してもらえるのでしょう。

  • 【9】「君のことを一生守るから」と自分の決意を語る

    「10代なら夢見がちだけど、20代だとほぼプロポーズ」(20代女性)というように、「一生守る」などの強い意志を表明するセリフは、軽々しく口にすれば「チャラい」と思われるもの。大人の男性がその重みを理解した上で言えばこそ、誠意が伝わりそうです。

0代以降の男性は、その一挙手一投足に「大人」としての責任が伴うもの。良くも悪くも行動の「重み」が高まるということを肝に銘じるべきでしょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年12月1日から8日まで
対象:合計396名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock