花粉症?鼻水がツーッと流れている女の子へのリアクション9パターン


人前で鼻水を垂らしてしまうのは、誰だって恥ずかしいもの。スギ花粉が飛散する時期に、そんな「不測の事態」に見舞われた女の子を目撃したら、どう対応するのが無難でしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性386名に聞いたアンケート調査を参考に「花粉症?鼻水がツーッと流れている女の子へのリアクション」をご紹介します。

  • 【1】「大丈夫?」とティッシュやハンカチを差しだす

    「『鼻水垂れてるよ』とかいきなり言う人よりはスマート」(10代女性)というように、直接的な表現をせずにそっと拭うものを渡すパターンです。もちろん、多くの人がいる前は避け、こっそりと行ったほうが高得点でしょう。

  • 【2】先に自分から鼻をかみ、女の子も鼻をかみやすい雰囲気を作る

    「大げさに鼻をかむ人がいたら、『あれ、自分も?』って思うから」(20代女性)というように、率先して行動することで相手に知らせるパターンです。鈍感なタイプには「うわー、俺、知らないうちにハナ垂らしてたー」と聞こえよがしに言うと響くでしょう。

  • 【3】トイレタイムを設ける

    「トイレに行ったら鏡を見ざるをえないので、さすがに気づきます」(20代女性)というように、トイレ休憩を取って気づいてもらうパターンです。「今はいいや」とスルーされてしまったら、とにかく鏡の多い場所に誘い込むとよいでしょう。

  • 【4】「吸っちゃうぞー」と冗談を言う

    「こっちは恥ずかしいので、ギャグにしてくれるとありがたい」(20代女性)というように、女子の失態を変態的な笑いでごまかしてあげるパターンです。特に猛アタックをしかけている最中なら、「○○ちゃんの鼻水おいしそう」くらいのキレキレ具合で迫るのもありかもしれません。

  • 【5】「花粉症って大変だよね」と同情する

    「『アレルギーなんだから、しょうがないよね』みたいな空気にしてくれると楽」(10代女性)というように、あくまで鼻水よりも花粉症の大変さに触れるパターンです。「俺も○○アレルギーでさあ」と持病トークを展開するのもよいでしょう。

  • 【6】わざとくしゃみをして鼻水を流し、「もしかして私も、垂れてる?」と思わせる

    「つられて、こっちもハックションって感じで(笑)」(10代女性)というように、あえてくしゃみを連発して相手に気づいてもらうパターンです。涙ボロボロ、鼻水だらだらのひどい顔になれば、お互いに笑い飛ばせるかもしれません。

  • 【7】「寒くなってきたからどっか入ろうか」と屋内に導く

    「暖かい場所に行くと温度差で鼻水が出たりするので気づきやすい」(20代女性)というように、花粉症ではなく寒さで鼻水が出ているように思わせるパターンです。ただし、ホッとしたとたんにますますくしゃみが出る女性もいるので、すぐに渡せるようにティッシュを用意しておきましょう。

  • 【8】「ドラッグストアに行こうか」と提案する

    「そう言われるとなんとなく察しがつく」(20代女性)というように、マスクや鼻炎薬が買えるよう薬局に誘うパターンです。いかにも「自分の買い物のついでに」といった促し方だと、配慮に感謝されるでしょう。

  • 【9】いきなり指でぐいっと拭ってしまう

    「ちょっとワイルドで惚れちゃうかも」(10代女性)というように、何も言わずに強引に鼻を拭ってしまうパターンです。いちかばちかの勝負になるため、関係性が悪化するおそれもあることを念頭においてチャレンジしましょう。

直接的に指摘するより、間接的にそれとなく鼻水が垂れていることを気づかせるほうがスマートと言えるようです。身近に花粉症の家族や友達がいる人は、どんな風に気づかせてほしいかヒアリングしてみるのもよいでしょう。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2014年10月30日から11月6日まで
対象:合計386名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock