「脈ナシ」アピールしたいときのホワイトデーのお返し9パターン


バレンタインデーにもらったガチの本命チョコ。こっちにその気はないものの、無視するわけにはいかない場合、どんな品を贈ると「恋愛感情なし」を理解してもらえるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「『脈ナシ』アピールしたいときのホワイトデーのお返し」をご紹介します。

  • 【1】そのへんのスーパーで手に入る「スナック菓子」

    「せめてキャンディとか、マシュマロとかなら望みはありますが…」(20代女性)というように、そっけないスナック菓子を贈るパターンです。ただしその女性がたまたま好きな商品を選んでしまった場合、「もしかして私の好みを知って?」と変に期待させてしまう危険があるので注意しましょう。

  • 【2】見るからに500円程度の量産品とわかる「ホワイトデー用お返しパック」

    「みんなにも同じものを配ってたらあきらめがつきます」(20代女性)というように、ホワイトデー用に大量生産されたお手軽ギフトを贈るパターンです。センスが良いものより、子どもっぽい絵柄のパッケージを選ぶとより義理っぽさが伝わるでしょう。

  • 【3】コンビニのレジ横陳列品を適当に買ったのがバレバレの「大福」

    「和のテイストで、ホワイトデーをスルーしてる感じ」(10代女性)というように、ホワイトデーの対極にありそうな和菓子を贈るパターンです。真っ白な大福だと「ホワイト」を想起させてしまうので、豆大福など黒のテイストを織り交ぜておくと万全でしょう。

  • 【4】ハンカチやタオルなど「いかにも安いプレゼント」

    「参加賞みたいな気分になりますね」(20代女性)というように、あきらかにチープな服飾雑貨を贈るパターンです。色や柄もかわいすぎるものではなく、無地のそっけないデザインを選ぶのが無難かもしれません。

  • 【5】数で勝負!の姿勢からやる気のなさがにじみ出る「大量の駄菓子」

    「ウケを狙った時点で、こりゃないなと思います」(10代女性)というように、色っぽい雰囲気が皆無の駄菓子をどっさり贈るパターンです。小学生男子のようなセンスで買い揃えれば、異性としての緊張感のなさが如実に伝わるでしょう。

  • 【6】女性全員に一つずつ取ってもらう方式の「箱入りクッキー」

    「お土産じゃねえんだぞ、と(怒)」(20代女性)というように、みんなでシェアするタイプの箱入り菓子を贈るパターンです。バレンタインにチョコをくれたかどうかにかかわらず、その場にいる人全員に「どうぞ」と促すと、義理返しだとはっきり認識してもらえるでしょう。

  • 【7】とりあえず鞄に入っていたものを渡した感がハンパない「のど飴」

    「キャンディはホワイトデーの定番だけど、のど飴って…」(20代女性)というように、ギフト用キャンディではなく、味もそっけもないのど飴を贈るパターンです。ただし、相手が風邪気味だと「私のことを気遣って?」と喜ばせてしまうおそれがあるので気を付けましょう。

  • 【8】出張や旅行ついでに偶然買ったのが明白な「ご当地キャラのストラップ」

    「ホワイトデーのお返しにしては幼稚だし、やっつけ感がハンパない」(20代女性)というように、子どもじみたご当地キャラのストラップを贈るパターンです。とはいえ、万一その人がコレクションしているキャラだと、「そこまで想ってくれてるの?」レベルで勘違いされるかもしれないので、細心の注意を払いましょう。

  • 【9】ヤケ酒でも勧めてるのか?と言わんばかりの「しょっぱいおつまみ」

    「イカとかジャーキーとかホワイトデーじゃないだろ!」(20代女性)というように、お茶やコーヒーよりお酒にあいそうな渋いおつまみを贈るパターンです。いっそ芋焼酎やウォッカなど、ハードリカーを渡してもよいかもしれません。

品物はあれこれ選び放題ですが、むしろ大変なのは、あからさまに義理だとわかるお返しを平然と贈ることかもしれません。多少の非難は覚悟して勇気を振り絞りましょう。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2014年10月10日から16日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock