好きでもないけどグラッときた!迫真の口説き文句9パターン


恋愛はいつも両思いからスタートするわけではありません。さほど好意をもたれていない段階でも、真に迫ったセリフで真剣に口説けば、女性の気持ちをとらえるのは不可能ではないようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性436名に聞いたアンケートを参考に、「好きでもないけどグラッときた!迫真の口説き文句」をご紹介します。

  • 【1】何より大切にする決意を込めて「君のために全力で尽くすよ」

    「尽くされる恋愛に憧れてたから、気持ちが揺れた」(20代女性)というように、好意が一方通行の段階だからこそ、「尽くす」などの謙虚な宣言は相手の心を動かすようです。口先だけではマイナス評価につながるので、行動も伴うようにしましょう。

  • 【2】個性を具体的に褒めて「そういうところが大好きだ!」

    「何気ない行動とか隠している性格を褒められると『本気なんだ』と感じる」(20代女性)というように、相手の「どこが好きなのか」をハッキリ言葉にすると、告白のセリフに説得力が生まれるようです。外見ではなく内面に触れたほうが、理解の深さが伝わるでしょう。

  • 【3】とにかく安心感を与えるように「大丈夫、絶対に幸せにするから」

    「自信満々に言われると、つい信じたくなる(笑)」(20代女性)というように、自信たっぷりに「幸せを保証する」と口にすることで、身も心も委ねてもらう作戦です。具体的な根拠を求められると困るので、有無を言わせない迫力を意識しましょう。

  • 【4】相手がずっと好きだった男性の名前を出して「あいつよりカッコいい男になるから」

    「その気がない男子でも、ちょっと感動する」(20代女性)というように、相手の女性に本命がいる場合は、その男性を引き合いに出すのもインパクトが大きいようです。「必ず成長してみせる!」という健気さが心を打つので、先輩や上司など、経験豊富な女性にこそ響く言い方かもしれません。

  • 【5】握手した手をギュッと包み込んだまま「ごめん、離したくない」

    「力強く手を握られたら、すごくリアルに愛が伝わった(笑)」(20代女性)というように、スキンシップをしながらの告白は、女性に「好かれている実感」を抱かせやすいようです。ただし、ハグまでいってしまうとセクハラ扱いされる危険もあるので、手を握るまでが限度でしょう。

  • 【6】どんなときも味方になる覚悟で「俺が必ず守るから」

    「女だったら一度は言われたいセリフでしょ」(20代女性)というように、「君を守る」に代表される王子様風のセリフは、女性をロマンティックな気分にさせるようです。ただし、十分な経済力などの裏付けがないと、現実的な女性には鼻であしらわれてしまうかもしれません。

  • 【7】ほかの女性は目にはいらない切実さを伝えて「君じゃなきゃダメなんだ」

    「軽い気持ちじゃなくて本気なのかな、と期待しちゃう」(20代女性)というように、たくさんの女性のなかから「たった一人を選んだ」と語り、自尊心をくすぐる作戦です。「君じゃなきゃダメな理由」をいくつか用意しておくと、勢いが伝わるでしょう。

  • 【8】裏切ることはないと約束して「君を泣かせることは絶対にしない」

    「一生浮気しない誓約書も書いてくれたら信じるかも」(20代女性)というように、「決して裏切らない」という誓いは、浮気で傷ついた経験のある女性には響くようです。ほかにも「されたら泣くこと」を聞き出して、必ず守ることを約束したいところです。

  • 【9】これまでの思い出に感謝して「あのとき、○○って言ってくれてありがとう」

    「いつ私を好きになったかわかってドキドキする」(20代女性)というように、「好きになったきっかけ」を具体的に説明すると、感情の動きがハッキリ伝わるようです。「二人の関係の積み重ね」を実感してもらうと、愛情も芽生えるかもしれません。

恋愛に限らず、迫力のある言葉が人の気持ちを動かすことは往々にしてあります。せっかく告白するなら、言葉の力も大いに活用したいところです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年10月30日から11月6日まで
対象:合計436名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock