初対面の女性をリラックスさせる雰囲気の作り方9パターン


トークの達人でもない限り、初対面同士ではどうしても会話がぎこちなくなってしまうもの。だからこそ、お互い「自然体」でいられる雰囲気を演出して、自然なやりとりを目指したいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「初対面の女性をリラックスさせる雰囲気の作り方」をご紹介します。

  • 【1】とにかく自然な笑顔をキープする

    「無表情だと怖いので、にこやかな人のほうが話しやすいのは確かです」(20代女性)というように、ぶすっとして愛想がないより、朗らかな男性のほうが女性の警戒心を解きやすいようです。出会った瞬間から意識的に笑顔を作ることで、「安全な人だ」と思ってもらいましょう。

  • 【2】静かなところより、適度にザワザワしている場所に移動する

    「賑やかなカフェとかのほうが気楽に話せる」(20代女性)というように、「人が少ない静かな空間」ではなく、周囲の雑音に紛れられる場所のほうが、女性の緊張は緩むようです。声が聞こえないほどうるさいのは論外ですが、ほどよく混んでいるお店などに移るといいでしょう。

  • 【3】真正面で向き合うより、横並びになるポジションを選ぶ

    「正面から顔を見合うと視線をどうしていいのかわかりません」(20代女性)というように、まっすぐ向き合うとプレッシャーを感じるという女性もいます。目を見るのを避けたり、前髪で顔を隠したがるような女性であれば、カウンター席で横並びになったほうが安心してもらえるでしょう。

  • 【4】近すぎず遠すぎない、節度のある距離を保つ

    「いきなりグイグイ近づいてくるタイプは苦手かも」(10代女性)というように、初対面で近づきすぎるのも、女性に危険を感じさせてしまうようです。パーソナルスペースを侵さないよう、1m前後の距離を保ちましょう。

  • 【5】早口にならないよう、意識的にゆっくり喋る

    「落ち着いた声で静かに喋る人は話しやすい」(10代女性)というように、話し方ひとつで、相手に与える印象は変わるようです。早口でまくし立てると相手を落ち着かない気分にさせるので、いつも以上にゆっくり言葉を発すると、余裕をアピールできるでしょう。

  • 【6】否定的な内容より、前向きな話題を心掛ける

    「知り合いの噂話とか、その場では盛り上がってもいい印象は残らない」(20代女性)というように、初対面の会話で「毒」を吐くのも、悪印象につながってしまうようです。「楽しい」「嬉しい」などの気持ちを全面に押し出し、徹底的にポジティブな話題だけを選びましょう。

  • 【7】自分のことを打ち明けてから、相手にも質問して話を引き出す

    「質問責めにされるとしんどい。ある程度は自分の話もしてくれないと」(20代女性)というように、盛り上げるつもりで一方的に質問すると、女性をうんざりさせてしまうようです。まず自分について語り、そのあとに女性に質問するというように、会話の順序を意識しましょう。

  • 【8】相手が何か言ったらオーバー気味にリアクションを返す

    「私の話にちゃんと笑ってくれる人だと安心」(20代女性)というように、初対面だからこそ「リアクションのよさ」を重視する女性は多いようです。相手の話に大げさに反応することで「話をちゃんと聞いている」と思ってもらえば、女性も話を続けやすいでしょう。

  • 【9】自分自身の緊張を悟られないよう、リラックスする

    「相手が緊張してるとこっちまで硬くなる」(20代女性)というように、会話からにじみ出る「堅さ」は思いのほかよく伝わるようです。女性に余計なプレッシャーを感じさせないためには、「こんなのは些細なことだ!」と大きく構える必要があるでしょう。

初対面の会話を盛り上げるには、お互いのリラックスが肝心なようです。自分自身に余裕が生まれれば、上手に女性をリードできるでしょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年10月10日から16日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock